『しまなみ産卵期メバル‼️』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 和田 広輝 > 『しまなみ産卵期メバル‼️』

釣行日:2月8日

みなさんこんにちは。
異常な寒波が続き、釣りに行くのも気合いがいるのではないでしょうか?(笑)
ですが、楽しくなっていく時期でもあるメバルのシーズン。
11月頃から交尾に入り、12月から2月頃までは産卵期と言われています。なので今の現状、1月、2月は渋いし、釣れても小さいやん❗️って、方が多いはず。
地域によって異なりますが、1月の満月大潮から2月の満月大潮までの期間は特に産卵を意識しているのかと思います。
して、この期間は回遊も薄くほとんどが居着きの状態である為、ある程度の水深と浅瀬が隣接するような、そして常夜灯がある漁港周りに身を潜める傾向にあります。
産卵=浅瀬に寄る。
産卵を終えたにせよアフターではすぐに捕食しないので回復までの期間がありますが、まだ産卵を迎えていないプリスポーンのメバル。

それか早いこと産卵を終えアフター回復のメバルも釣る事は可能かと思います。

メバルは性転換する魚と言われていますが、大きくなるにつれ90%??がメスになるそうで。逆に残りの10%で性転換しない貴重なオスも居ることでしょう(笑)

いずれにせよこの産卵期は漁港等のシャローエリアを意識して釣る事が鍵になります。

常夜灯がある所や漁港等でバチャバチャと小さいメバルがライズしているような所のボトムには、、、

大物が居ると思って下さい(笑)
ボトムワインド、ボトムトレースで。


ロッド issei海太郎 碧HN
リール 16セルテート2004H
ライン 月ノ響II PE0.3号
リーダー 月ノ響 FC 5lb
ルアー issei海太郎 ハネエビ スパテラ

プロフィール

名前
和田 広輝
居住地
愛媛県今治市在住
出身地
大阪府高槻市
自己紹介
魚の為なら何処へでも駆け巡るマルチアングラー
メインフィールド
日本海(丹後エリア、若狭エリア)淡路島エリア、しまなみエリア
得意な釣り
ライトゲーム全般