「メバルとの距離を縮めるには、ハネエビと想像力があればいい。」 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 多田 勝 > 「メバルとの距離を縮めるには、ハネエビと想像力があればいい。」

「メバルとの距離を縮めるには、ハネエビと想像力があればいい。」

多田勝の最新記事

多田勝の記事一覧を見る

一誠海太郎 釣行レポート
「メバルとの距離を縮めるには、ハネエビと想像力があればいい。」

少し乱暴な表現です。
正直1つのリグで釣り通すのは好きではないです。
だけど
海中の状況を感じて、
メバルが食ってくるタイミングを予想して、
想像通りにハネエビを動かして、
思い通りにメバルを釣る気持ちよさ。。。
やればやるほど魚との距離が縮まる感覚。。。
とにかく面白い!
乱暴な表現を使ってもオススメしたいハネエビです。

今回の釣行で特にハマった使い方を紹介します。
エントリーしたのは海底に数センチ~数メートルの海草が生い茂るエリア

※イメージです。

図の様に海草の中や海草の上にメバルがいると仮定して
ボトム中心の釣りを展開しました。
ちなみに図は実際に潜って見たわけではないので僕の感じたままの想像です。
そんなエリアでハネエビがハマる理由は?

通常のジグヘッドで海草の上辺ギリギリをリトリーブするだけでも効果的ですが
それだと海草の中にいるメバルには少し弱い様な気がします。
ハネエビを海底まで沈め底をとり
絡んだ海草を軽く煽って外し、意識をハネエビに集中します。
その際、竿を立てて構えると障害物との接触を感じやすいです。
絡みを外した瞬間に食ってくることも多かったです。 
次に海草の先端に触れるところで軽くトゥイッチ
図の「海藻先端ライン」を意識します。
ハネエビパニックをしゃくる様なゆったりとした動きを基本として
しゃくる回数、速さ、大きさ、
そしてラインテンションでフォールのスピードを変えることで
海草の中のメバルが思わず飛び付いてくる。
そんなイメージで操作するとしっかり答えが返ってきました。
ハネエビがハマる理由がまさにコレ!
リアクションで思わず飛び付く演出です。

当然この動きが基本であって常に効果的である訳ではないです。
竿を寝かせて横にしゃくり海草の先端ラインを高速で移動させたり、
通常のジグヘッドの様にリトリーブで見せたり、
色々な動きを混ぜて誘い出すことが重要です。

特に大型が出る場所では
竿尻をしっかり脇の下で固定して竿先も動かさないように集中して、
海草の先端ラインギリギリを静かに巻かないと反応が得られない状況もありました。

そういうときはスパテラやシルキーシャッドの出番です。
操作感を変えたくないのでヘッドはハネエビのままでも構いません。
今回はダイワのソードビームを使ってみました。

同じ動きだけだと魚も人間も飽きます。
大型の個体は特に経験値が高いので、リアクションに反応しにくいことがあるようです。

今回はボートからのハネエビゲームてしたが
ショアからでも同じような状況、条件の場所は多々あります。
思い返せばそういう場所はあまり攻めたことがない様な気がします。
メバルに特化したボートゲームを経験すれば
ショアからのメバルゲームをより楽しめるようになります。
メバルとの距離が縮まる
僕はそう感じました。

皆様も是非

タックルデータ
《使用タックル》
ロッド:碧 ライトゲーム・遠投
リール:インスパイラ2000
ライン:pe 0.2号
リーダー:フロロ 1.25号

プロフィール

名前
多田 勝
居住地
佐賀県唐津市
出身地
大分県宇佐市
自己紹介
玄海灘という恵まれたフィールドで、食指の赴くままに旬の魚を追いかける。メインターゲットはアジだが、時期によってはブリ、ヒラマサなどの大型魚もターゲットにする自称マルチアングラー。
メインフィールド
唐津呼子を中心とした北部九州エリア
得意な釣り
ライトゲーム