「ナイトゲームでカマス」 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 森 崇行 > 「ナイトゲームでカマス」

今回のフィールドレポートも、マイブームのカマス釣りをレポートします。
前回のレポートと異なり、ナイトゲーム編です。

前回と同じく足場の良い漁港がポイントとなり、手軽に遊ぶ事が出来ます。

ナイトゲームでアジ釣りをしている時、想定外のカマスが偶然ヒットした経験ありませんか?

実は、アジ釣り中に偶然カマスが釣れたのをきっかけに、僕もナイトゲームで本命としてカマスを狙うようになりました。

ターゲットとなるカマスのサイズは、30~35センチ。

今回使用したタックルは、海太郎・碧HN、2000番リール、メインラインをPE0.15号、フロロカーボンリーダー1号を1ヒロ+フロロカーボンリーダー2号を15センチほど結束。
リーダーの先端部に少し太めのラインを結束しているのは、ラインブレイク対策です。

上記のようにアジやメバル釣りに使うようなライトゲームタックルを流用可能なので、普段からアジやメバル釣りを楽しまれている方は、わざわざタックルを揃える必要がなく、身近なターゲットと言えるのではないでしょうか。

ただし、40センチ近い良型のカマスがヒットする可能性もあり、抜き上げに不安を感じる事もあるので、タモを準備しておくと安心です。

リグは、シンプルにジグヘッド単体。

使用するワームは、シルキーシャッドでもスパテラでもどちらでも問題ありません。
個人的には、実釣中に無駄に迷う要素を少しでも省くために、比較的よく釣れている印象のシルキーシャッドを選ぶ事が多く、レベリングヘッド太軸金針×シルキーシャッド2インチを多用しています。

カマスは、歯が鋭い。

ワームが裂けてしまったりすることもあるので、釣行中は普段のアジやメバル釣りに比べて数本余分に持ち歩いています。

カラーに関しては、バリエーションを多く準備して、マメにローテーションすることでカマスからの反応も長続きすると感じています。

1時間程度の釣行で5色くらいをローテーションして、カマスの反応をみるようにしています。

使用するカラーが多ければ多いほど良いと言う意味ではなく、ローテーションする順番でカラーにメリハリをつけて反応のあるカラーを早く見つける事が釣果につながる感じです。

時合が短くスレやすい印象なので、反応のあるうちに一気に釣ってしまのも良いですね。

釣果写真を撮っているうちに居なくなる事もしばしば。

アクションは、オーソドックスに「ただ巻き」、「トゥイッチ」、「フォール」、「フワフワと漂わせる」など。
アジやメバル釣りと同じ要領でレンジやスピードに変化をつけて釣りを展開して行くイメージです。

この時期のナイトゲームと言う事で、アジやメバルが釣れる事もあるので、反応の良いターゲットを本命に変更するのも面白いですね。

カマスは、鱗や滑りが多く、釣り上げてからモタついているうちにラインブレイクしてしまう事もあるので、市販の魚掴みがあると手返しよく釣りを再開出来るのでオススメです。

干物などの焼き魚としても人気のカマス。
クーラーボックスに入れて持ち帰る時など、ダイレクトに入れると鱗や滑りで後始末が面倒になるので、ナイロン袋なども準備しておくと良いと思います。

デイゲームでもナイトゲームでも、群れの回遊次第では短時間でバタバタと連発する事もあり、シンプルな仕掛けで手軽に楽しむ事の出来るカマスゲーム。

地域によって回遊時期も異なるかと思いますが、海太郎アイテムを使ってさまざまなアプローチの仕方で楽しむ事も出来る魅力的なターゲットなので、是非、挑戦して下さい。

海太郎アイテムでの釣果情報など、釣行中や釣行直後の新鮮な情報をSNSで不定期発信しています。
フィールドレポートと合わせ、三重釣行の際にお役立て頂ければ幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

森 崇行

プロフィール

名前
森 崇行
居住地
三重県
出身地
三重県
自己紹介
アジング・メバリグなど、岸釣りで手軽に遊べるライトソルトゲーム全般が好きで、季節ごとの旬な釣りものを求め、暇さえあれば釣り場に足を運んでいます。"せこ釣り"のバス釣りも好きです。
メインフィールド
三重県(鳥羽~南伊勢エリア)
得意な釣り
アジング・メバリグなど、岸釣りで手軽に遊べるライトソルトゲーム全般。"せこ釣り"のバス釣り。
フェイスブック
https://www.facebook.com/takayuki.mori.336