HOME > 釣果情報 > 山畑将大様『ネコメタル&根魚玉』

FISH-CATCH釣果

山畑将大様『ネコメタル&根魚玉』

兵庫県の”山畑将大様”からレポートをいただきましたのでご紹介いたします。

7月中旬、三重県紀伊長島のフィッシング光栄さんでSLJ&ロックフィッシュ狙いで遊んできました!
ヒットルアー別で釣果を紹介させて頂きます。

去年のシーズン後半から悪天候により出船中止が相次ぎましたがようやく出船可能に...どれほど待ちわびたことか...

まずはネコメタル
時間があったので出船前に港で早速ネコメタル7gで小ぶりなアオハタとオオモンハタ。


軽めのものとしてラインナップされてる1.2g~10gまでのネコメタルならライトタックルでも扱えるので岸からでも楽しめるアイテムです。

そして出船。
アジやイサキなどの回遊魚も期待しましたが、この日は反応が良くないのでロックフィッシュ狙いを中心で遊ぶことに。

トップヘビーセッティングのネコメタル29gでアカハタ!

アタリがあっても乗らないことも多くありますが、そんな時はアクションの最中にネコメタルを水平姿勢にするタイミングを作って「喰わせる間」を与えてやります。

基本的なアクションはシャクリ上げ。
もちろんそれでもアタリはありますが、合間合間にフワッとラインテンションを抜いてやると水平姿勢を作りやすくなります。

フックを上下に付けると沈んでいく時に抵抗
が増えるのでより水平姿勢を保ちやすくなります。

上下にフックついたことにより糸が絡みやすくなるのでうまくアクションさせてやることがポイントです。

続いて大好きな根魚玉

スイミング根魚玉+カタクチワームでアカハタ。


とにかくアタリます!



基本的な使い方はボトムまで落としてタダ巻き、もしくはゆっくりとボトムに沿ってトレース。

スイミング根魚玉の特徴の強固なキーパー、フックの形状自体もキーパーの役目もあるのでキャストする時や魚が掛かってもワームがずれにくくなっています。

ノーマル根魚玉+ジャコバク4インチでも釣れています。
スイミング根魚玉と比べて甲殻類をイメージしてボトムでよりスローに誘うイメージです。



面倒臭がらずにアタリの多い手段を見つけると釣果アップに繋がります。

小さい魚はリリース。大きい魚はお持ち帰りで今回も料理になりました。


最近新たにネコメタル40g,50g,60gが発売され、今までは対応できなかった深場でも遊べる夢の広がったアイテムになりました。
これからますますシーズンに突入します。皆さまも是非お試しください(^^)

Category