HOME > 釣果情報 > 山畑 将大『ロックフィッシュ狙い!』

FISH-CATCH釣果

山畑 将大『ロックフィッシュ狙い!』

兵庫県の山畑将大様からレポートを頂きましたので、
ご紹介いたします。

7月下旬、まだまだシーズンに突入したばかりの釣りなのでいささかの不安はありましたが、そこは海太郎の製品を信じて楽しむことができました。

まずは縦の動きで広く魚の活性を伺おうとネコメタル。

ロックフィッシュだけでなく青物も混じればいいかな?と期待します。
魚探に移るベイトの反応を見ながらしゃくり上げとフォールを繰り返します。
この時しっかりと動作してることとキラキラしてることを意識しながらアクションを加える、これだけでアタリが出るのかネコメタルのポテンシャルです。
まずはアカハタがヒットしました。


続いて良型オオモンハタ!

と、エソ!

アタリの多いネコメタルですが、乗らないことのしばしばあります。
そんな時は下側にアシストフックをつけます。こうすることでフォール中に抵抗ができ、より平行姿勢を保つことができます。よりスローに誘いたい場合にも効果的です。

次は新しく発売されたデカハネエビ。
重たくなったことによって今までは探り切れなかった深いイポントへも到達できるようになりました。

重さの倍程度までの水深ならしっかりとアクションさせることができます。
ダート幅もかなり大きくなりアピール力も大です!

続いて根魚玉。私の1番好きな釣りです(^^)
水深20m~25m前後のポイント小移動。重た目の21gと28gをチョイスします。
まずはボトムまで落とします。ボトムをしっかりと感じることは大事なんですが、そこからはズルズルするのもよし、リフト&フォールでもよし、ボトムパンプでもよし、それだけでとにかくアタリがあります(笑)







ここで一つオススメさせて頂きたいのが、ジャコバク2.6~4インチとキャラメルシャッド3.5にラインナップされているイワガニカラー。
日本海側と太平洋側で釣りをすることが多いのですが、その中のどんなポイントでもアタリが多い個人的超必須カラー!
カラー選択に迷われたら是非ともお手に取って頂きたいカラーです(^^)

続いてスイミング根魚玉。
ノーマル根魚玉はボトムで使うイメージですが、スイミング根魚玉はボトムに対して平行や巻きの釣り、リフト&フォールを強く意識した使い方です。今回は釣れませんでしたが巻きと中層イメージのオオモンハタが釣れやすいルアーではないでしょうか。




時間になり納竿。楽しすぎて帰りたくありません(笑)

大き目の魚をキープであとはリリース。
帰って美味しく頂きます(^^)

仕事で料理人をしているのですが、海太郎の製品を使って釣った魚を料理してお客様にお届けするのが嬉しくて仕方がありません。スーパーには並びにくい珍しい魚なので喜んで頂けました(^^)




今回使った海太郎のアイテムはもちろんオフショアでなくても各地の波止や漁港、磯でも使えるアイテムです。
これからもっと全盛期を迎える釣りなので、熱中症など安全対策は万全にして皆様も是非お試しください(^^)

使用タックル

・根魚玉&スイミング根魚玉

①ハートランド テクニカルシャフト
ジリオン TW HLC 1514
PE2号+フロロ4号

②ハートランド 震斬 biwako Spec ベイトキャスティングエディション
スティーズA 1016SHL
PE2号+フロロ4号

・デカハネエビ 19g 24g
震斬七七
イグジスト 2505F
PE0.8号+フロロ3号+フロロ4号

・ネコメタル 29g
ハートランド レベルディレクション
イグジスト 2004
PE0.4号+フロロ2号+フロロ4号

Category