HOME > 釣果情報 > 村田 勇 > 『ガシラ、メバル最強ワーム!ガメシャッド。』

FISH-CATCH釣果

『ガシラ、メバル最強ワーム!ガメシャッド。』

お題の通り今回意識して使い込んでみたのはガメシャッド2.5inch。

シャッドテールの分類に入ると思いますが、特徴的なのは小さめのテール。
更にテールギリギリまでリブが刻んであることで、まとわりついた水が複雑な水流となりテールに当たる。
水をかくと言うより、軽く受け流すイメージ。(リトリーブスピードにより変化します。)
動力が水に変わりはありませんがそれを感じさせない程水の中で自然とピリピリ動いている感じ。

通常のシャッドテールワームに無い微妙な違いになり、魚にこれは餌だ!と瞬時に認識させられるワームだと思っています。

と言うより実釣でそう感じさせられました。

また釣行時のメバルはペアリング状態。
ペアリングしたメバルは気難しく、初期段階では音などにも敏感。

これが進行し始めると雌は単独行動で自分のテリトリーをうろうろ、時にはカサゴの様に岩や海藻、岩と岩の間の砂場などでじっとしている。
こうなると縦の釣り(ネコメタル)の出番で、メバルの鼻っ面5㎝以内にスッ!っと落とすとびっくりして思わず口にしてしまう。
これ以上離したり、手前からルアーを見せると効果は極端に無くなります。
更に初期反応だけなのでアプローチには細心の注意をはらって一発勝負を狙うと口を使わない雌のデカメバルも釣れると思います。

自分が普段行なっているボートゲームでは、基本的に陸っぱりと変わらない水深をランガンします。
更に、良型になると特定の条件下でしか捕食行動をとらない傾向があるので、船のエンジン音やポイントへのアプローチ方法とタイミング、キャスト方向からレンジにも気を付け如何に「数釣りを楽しむか。」 「良型を狙い撃つか。」を心がけています。

ここで明るい時間と暗い時間の生き物のリズムの違いに合わせた釣り方、その中でも「ワームの姿勢」を強く意識した釣りを少し紹介したいと思います。

暗い時間帯は基本的に生き物の動きがゆっくりになりがちです。

夜行性のフィッシュイーターなども活発に動くと言うより餌の多いシャローへと動く程度。
餌を探して数十メートル往復を繰り返す魚もいれば、持ち場に着いて流れて来る小魚を狙う魚もいます。
ベイトフィッシュとなる小魚も表層を漂う程度で無駄な動きは避けている様。
(もちろんすべての魚がそうだとは限りません。)
隠れ易い、不意を狙い易い、少ない体力消費で餌を食べられると言う条件なので、魚が良く釣れるのかもしれませんね。

今回ガメシャッドを使った夜の釣りでは、テールを逆さにした状態でジグヘッドにセットしました。

こうする事でスイム姿勢が若干尻下がりになります。

ボートポジションは狙いの瀬の潮上に固定する。
大潮の満潮から下げはじめなので瀬のトップがどのくらいの水深なのかを考慮して入れるレンジをイメージする。

レベリングヘッド0.9gにガメシャッドをセットしてピンスポットにキャストし、流れの中でステイしては5センチ後退、ステイ、元の位置に戻る、少し前進、ステイ、の繰り返しでピンに居るであろうメバルにゆっくり見せてやる。
小魚が流れにとどまろうとするイメージで。

ステイの時間は少し長めです。

一投目、、、。

思ったより潮流が早く、狙いたいレンジには到達していない様子。

レベリングヘッド1.5gにチェンジし同じ要領で誘ってみると直ぐにトン‼︎っと言うアタリが。

狙っていた良い魚。

夜の小魚はゴミの様に漂う傾向があると思うので、それを狙う魚も餌と認識するまでの時間が昼間に比べて僅かに長い、また良いサイズになると、キビキビ動く物より高確率で狩れる相手だけを選んでいるのではないか、と思っています。

それに比べ、明るい時間帯は休憩タイム。
岩の陰や瀬のスリットなどに身を潜めたり、潮上を向いて流されてくる餌を隙あらば喰おう的な感じ。

夜に比べて物がはっきり見えるので、ルアーを認識するのも早い。

ジグの場合では、おっ‼︎餌だ‼︎と思った瞬間に自分の口元に落ちてくるので思わず口にしてしまう。
これをじっくり見せると、冷静になり見切ってしまう事が多い。

また、デイゲームでも驚異の力を発揮するハネエビは、早い動きで興味を持たせて魚を寄せ、急にストップする動きのオンオフに思わず飛び付いてしまう。

これもジグヘッドでスローに誘って喰わない事はもちろん無いのですが、スイミングの釣りとリアクションの釣りの様に極端な違いの釣りを使い分ける事で同じポイントでもより良い釣果を伸ばす事が出来るコツだと思います。

暗い時間帯は 「見せる釣り。」

明るい時間帯は「見せない釣り。」
を今回は紹介させて頂きました。

あくまで自分なりの考えですので、皆さんの参考までになれば光栄だと思っています。

使用タックル

ロッド:issei海太郎 碧72uls-HN(ハネエビ)

リール:ダイワ ルビアス2004h

ライン:ダイワ 月下美人 月ノ響Ⅱ0.3号

リーダー:ダイワ ディーフロンα磯1.2号

ルアー
ジグヘッド:issei海太郎レベリングヘッド0.9、1.5、1.75g、ダイワ 月下美人tgヘッド2g、2.5g

ワーム
issei海太郎ガシラ、メバル最強ワーム「ガメシャッド。」

カラー:オキアミグロー、グロー、クリアシルバーフレーク、クリアレッドフレーク、クリアレインボー。

Category