HOME > 釣果情報 > 釣果情報 > > 『スパテラ、ガメシャッドで冬の荒食いガシラを捕獲』

FISH-CATCH釣果

『スパテラ、ガメシャッドで冬の荒食いガシラを捕獲』

2018年度海太郎フィールドモニターの“ハルキさん”よりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。

こんにちは、海太郎フィールドモニターのハルキです。
皆さん最近釣行に出かけてますでしょうか。
私はここ最近アジをメインターゲットにした釣り中心で、仕事帰りちょこっと海に寄り道をして、その日、次の日の食糧をせっせと確保しておりました。(笑)

季節も進み、そろそろ海も冬を感じられるようになり、私のメインフィールドとしております、北部九州ではアジもまだ狙えば釣れますが、そろそろ良型のメバルやアラカブ(カサゴ)等も狙いやすくなってきたため、最近の釣行レポートさせて頂きます。

11月末日 釣行初日

例年より驚くほど暖かい季節が続いておりましたが、時期的にはそろそろメバリングの季節かな?
ということで、仕事帰りにメバルが集まるスポットに直行。

特にこの季節になると、シーバス、メバル、そしてアラカブ等の根魚が産卵がらみの荒食いを始め、普段ではディープにいるためなかなかショアから釣ることが難しい良型も狙えます。
(アラカブはカサゴの九州での呼び名です。関西ではガシラって呼ばれてますね!)

地域によるかもしれませんが、
この時期は、そのエリアでディープから出来るだけ一気に浅くなり、岩、テトラ等のハードストラクチャーが絡むところなら手軽に狙える気がします。
荒食いモードの魚も出来るだけ逃げ場のなくなったベイトフィッシュを一気に捕食したいのでしょう。
ナイトゲームに限りますが、驚くほどシャロー、しかも足元で良型がバイトしてくることもしばしば。

小型~中型で数釣りならば、潮の流れが直接当たらないワンド状のところ、数はワンドに比べると少し落ちますが、潮の流れが直接ぶつかるところならばより強い個体、良型が狙いやすい傾向があります。

メバル、アラカブゲーム初日は若干ワンド状になったエリアにIN
軽量ルアーが届くところなら深いところで水深が2m程あるところに来ました。

使用ルアーは
レべリングヘッド0.3~1.5g
スパテラ2~2.5inch

レべリングヘッドのウェイトは風、潮の流れの状況によって変えてます。
フィールド到着後1投目から元気な15~18cm程のリリースメバルが多数つれました^^;
同じようなルアー、アクションを繰り返してると飽きられてしまうので飽きられる前にこまめにチェンジしていくと、とりあえずアタリは続きます。

特に、ハネエビは魚のスイッチが入るので、魚の反応が鈍くなったときに効果を発揮しますね!

ディープエリアではハマると爆釣する時もあるのですが、今回はシャローエリアもあって、ミスバイトが多くて乗せきれませんでしたが魚の活性は上がるようで、スイッチ入れてあげたあと、すぐにレべリングヘッド+スパテラにチェンジすると

20cm程ですがなんとかサイズアップ。
レべリングヘッド
スパテラ2inchオレンジ
この日は全体にオレンジが調子良かったようですが、
ナイトゲームでスパテラ、本当によく効きます。
この日1時間程の釣行でしたが、メバルは小型の反応は非常によかったと思います。
なかなかサイズ伸びずでしたが、
根がかり注意しながらボトムをスローに通すと
タケノコメバル(ベッコウソイ)
アラカブと同じこの時期のターゲットにもなります。
釣れるエリア狙い方はアラカブと似てますが、同サイズと比べ、タケノコメバルの方がよく引きます。
味はアラカブの方が上の気がしますが、唐揚げにすると大差なく、ヒレまでおいしく頂けますよ(笑)

初日の釣果
1時間程の釣行でアタリ、バイト入れると分からないくらい釣れましたがお土産は微妙。
海も冬モードを確認できたので、次はもう少しだけ足をのばし、流れのあるエリアへ行くことにしこの日は納竿。
2日目
12月6日
この日も仕事帰りに今度はディープエリアから一気シャローになりかつ流れが強く当たるポイントへやって来ました。
使用したのは
0.3~1,5g前後のレべリングヘッド
スパテラ2.5~2.8inch
まずは流れが当たり、反転流が生じているスポットへスパテラをフワフワ漂わせるだけで
中層~表層を通すとリリースサイズですがメバル高反応ボトムを意識すると
アラカブいましたね!
スパテラ2.5inchグロー
冬らしい良型です。
アラカブも群れでいることが多いので、一旦ハマると
爆釣モードに突入。
基本家で食べる分だけ持ち帰るので、産卵絡み、明らかに卵がパンパンに詰まっている個体は、リリースしましたが、テンポよく釣れました。
反転流を狙った釣りの他にせっかくのこの潮の流れを利用してスパテラをドリフトさせるのも楽しいですね。
関門は西流れ、東流れといわれる、他のエリアではあまり馴染みのない潮の流れがあります。
地形の把握が出来ている所であれば、潮の流れ方に応じてレべリングヘッドのウェイトを変えて根がかり、ラインメンディングに注意して、メバルが溜まりそうなピンへスパテラを流してあげれば
さらに釣果を伸ばせます。
スパテラ2.5inch

ほぼリリースしましたが、産卵間近のメバルも結構混じりました。
食わせの力が強いスパテラとレべリングヘッドの組み合わせで、 狙ったピンへドリフト気味に漂わせながら通してあげるだけで、1投に要する時間はそれなりにかかりはしますが、ほぼ何かしらの魚からの返事はありましたよ
スパテラが勝手に仕事をしてくれます^^
ゲーム性も高まってライトゲームもさらに面白くなりますね。。
他にも
タケノコメバル
アジも混ざりました。
この日1番のサイズのメバル。
やはりスパテラをドリフトさせて
この日の予定食糧に到達したためここで納竿。
この日は2時間足らずの釣行でした。
釣果(持ち帰り)です。
基本すぐに消費出来る分だけをお持ち帰りしていますので、小型を中心に良型も産卵間近のものはリリースしましたので、このくらいで着地。
12月9日
メバル、アラカブ釣行3日目
2日目と同じポイントに。
始めは2日目と同じく
安定のレベリングヘッド+スパテラ2.5inch
釣れますが、
干潮に近い時間の為、先日よりいよいよ低水位。
あたるレンジもボトムべったりの感じですがボトムを攻めすぎると根がかってしまう
アラカブの反応は良く、いると分かれば根がかり回避の為ガメシャッドを使用しました。
ガメシャッド2.5inch #012グロー
オフセットフックなのでハードストラクチャーもすり抜けやすく、レベリングヘッドでは攻めきれなかったところへ送ることが出来て、釣果を上げることが出来ました。
普段はルアー、タックルはあまり替えずにランガンスタイルで周る事も多いですが、前回、今回は1か所に居座り、釣り方、ルアーを変えることにより
(しばしばベビメバルの猛攻も受けましたが;)
ライトゲームならでは特にこの時期は安定した釣果をあげることができます。


スパテラ2inch #009オレンジグロー
全体にアラカブは良型でしたが、この日1番は28センチ
と思ってましたが、
スパテラでの反応が薄くなったので再びガメシャッドに変更するとライトゲーム今シーズン1番の引き。
岩に巻かれないように浮き上がらせたのは

タケノコメバルのビッグママでした。
腹パンパンですね。
これも丸々してて食べごたえありそうでしたが、産卵間近な感じなのでリリース。
この日の釣果
この日も産卵控えた個体はほぼリリースしましたが、それでも個人的にはお土産には十分な釣果でした。
この時期手軽に良型狙えて、食べてもおいしい、メバル、アラカブをターゲットにしたライトゲームぜひ皆さんも楽しんでみてください!

Category