HOME > 釣果情報 > 多田 勝 > 『海太郎釣行レポート』

FISH-CATCH釣果

『海太郎釣行レポート』

2018年も残りわずか
今年の海太郎はニューアイテム盛りだくさんでした。
個人的にはスイミング根魚玉とカタクチワームの発売は事件でした。
ハタゲームの可能性を、楽しみ方を拡げただけではなく、
想像力を大いに刺激してもらいました。

スイミング根魚玉の操作性とカタクチワームの動きを活かした磯のサラシ打ちでは
ヒラスズキと出会い。
さらにサラシでハタが釣れる可能性を知りました。

まさに事件でした。

選択肢が増えることはとてもうれしいですね。
そして出てくる悩みが・・・
使い分けで迷ってしまったらどうするか?

細かいことは置いておいて最初に伝えなければいけないことがあります。
それは「固定観念に囚われず、自由に、直感で楽しむ」ことが大切だということ。
それぞれのアイテムには得意な攻めがあります。
でもそれは得意というだけでそれでしか使えないということではありません。
できれば、まずはそれぞれの得意分野で楽しむ。
得意分野で使うと釣れるイメージが湧きます。これが結構大事。
あとは魚に聞きながら「これで釣りたい!」と思うアイテムを
状況に合わせて使っていく。
僕の場合はこの繰り返しで迷いを楽しんでいます。

根魚玉5gカスタムとスパテラ3インチ、バルキースパテラでアジ
これからの季節、小魚を積極的に捕食するアジ
そんな状況では小型サイズでも釣れます。
むしろ2や2.25インチより反応がいい状況もあります。

やっと開幕したデイ磯メバル

ハネエビヘッド5gとスパテラ2.5インチ
飛距離とアクション重視でワームをベイトに寄せた結果の組み合わせ
ハネエビヘッドはハネエビだけのジグヘッドではないということ。
日が昇って間もない時間ではフナムシカラーが大活躍してくれます。

先日お世話になった遊漁船「Zin-bay」での一枚

これもハネエビヘッド3gとスパテラ2.5インチフナムシカラー
デイの赤メバルは金色になるらしい。美しいですね。

これからどんどん寒くなりますがライトゲームは大盛り上がり。
産卵期に入るメバルには軽く遊んでもらって
やっぱり食べるならアジでしょう。

村上式天秤を使ったアジングも楽しいですよ!
詳しくは改めてレポートにします。

《使用タックル》
ロッド:碧遠投
リール:インスパイラ 2500S
ライン:PE 0.3号
リーダー:フロロ 1.75号

写真の魚はすべて碧遠投で釣りました。

連動動画
ガメシャッド編

スパテラ3インチ編

Category