HOME > 釣果情報 > 中村 拓水 > 『白メバルを 狙って!!』

FISH-CATCH釣果

『白メバルを 狙って!!』

釣行日:2月24日

私の通っている地域では2月中旬くらいから産卵で失った体力を
回復しようとするメバルがベイトを荒喰いをするエリアがあります。
ただ、荒喰いと言ってもエサの喰いはじめは積極的にベイトを追い回すだけの体力はまだなく、流れてくるエサを待つという喰い方をするのが特徴的です。
ですので、この時期のメバルの探し方は「ベイトの種類や量」に加えて、「流れ」を軸として動き回る事が多くなります。

今回は長潮という潮周りで全体的に流れが緩いタイミングだったのですが、その中でも比較的流れが効いているポイントでメバルを狙いました。
頻繁にライズを繰り返してくれていれば比較的イージーな展開が望めるのですが、今回はそれが見当たりません。
という事で、最初から喰わせにかかりに行きました。
ルアーは0.5gレベリングヘッドにマイクロハネエビのセッティング。

潮上目掛けてキャストし、メバルが定位しているであろうピンまでドリフトさせます。
ここで気を付けねばならないのが「アワセ」。
体力の回復し切った元気な個体であれば、ルアーの頭目掛けて巻き込んで喰ってきますが、ここで釣れる個体はまだ追い回す体力が無い状態の楽チンしようとしているメバル。
あくまでも「流れてくるエサを待って喰う」スタイルなのでアタリが出たとしても通常のアワセを入れたところですっぽ抜ける事の方が多くなります。
アタリ自体も追い喰いのそれと違ってソフトタッチとなるため、アタリをとる事自体がやや難しく、アワセも巻きアワセが基本となってきます。
私もいつものクセで最初の数回はすっぽ抜けをやらかしてしまいました。。。

・・・が、3度目のアタリで巻きアワセが決まり、
20cm超えの個体が釣れました^^

潮周りが良いタイミングだと、遊泳力の低い流されてくるベイトが数多く視認でき、ライズも頻繁に起こるのですが、今回はそこまで活性も高くないため、連発して
ウハウハという程ではありませんでしたが楽チンしてエサを喰おうとするメバルは確かに居て、上手くルアーを流す事が出来れば高確率でアタリが出ます。

潮周りによっては、沖に潮目が出来、その流れには黒メバルが着くのですが、今回は流れが弱いため、ストラクチャーに着くとされる白メバルの群れのみを選んで
釣る事ができました。
こうやって写真を撮ってみても思いますが、白メバル特融の背っぱりボディがたまらなくカッコいいですよね^^

結果としては20cm超えが何とか2桁に届いたという感じで、ポイントの実力からすると比較的不漁に終わってしまいましたが、3月も2週目を過ぎてくると流されてくる
ベイトに子イカが混じってくるため、狙い方に今回実践したドリフトに加えてハードプラグという選択肢が増えてきてゲーム性がより高くなってきます^^

今回の釣り方を参考に産卵回復を狙うメバルを探してもらえたら嬉しいです^^

【タックルデータ】
(ドリフト用)
ロッド:7.2フィート
リール:ダイワ スピニングリール2000番
ライン:フロロ2.5lb
ルアー:レベリングヘッド0.5g+マイクロハネエビ

Category