HOME > 釣果情報 > 田埜 博之 > 『極寒のアジング』

FISH-CATCH釣果

『極寒のアジング』

投稿日:2月11日

みなさんこんにちは。2月になり寒い日が続いていますね。。今年は極寒という言葉そのものな冬になっていますね。

私も寒いくらいならばフィールドに出かけるのですが、山間部以外では滅多に雪が降らない四国でも大雪となり、海は激荒れ‥。道は雪のため通行止め‥。釣り場立つ事ができませんでした(^^;
そんな中、少し寒波が和らいだスキをついて久しぶりに海に行ってきました。

久しぶりの釣行だったので、魚の反応を見る為にハネエビで様子をみます。
ハネエビヘッド2gにピンクのハネエビ。ボトム付近から中層までテンポ良く誘うと、アタリがあるがフッキングしない、、さらにワームが切れてる‥。正体はやはり。。

フグの猛攻しかないので、ハネエビがボロボロになるだけなので、少し日が傾くまでおやすみ。
いい感じに薄暗くなってきたので、そろそろ。。アジにアピールするため、そしてデカイのが来ても安心なレベリングヘッド金鈎で再開。いきなりのファーストキャストでヒット。

サイズ的には小さいんですけど、アジが釣れたので嬉しいですね。

同じようなやつが、、

ここで、今回、釣りに行けなかった間に考えてた、スパテラを投入。スパテラ3インチシラスレインボーにマジック塗って青い色にしてみたやつを。。

サイズは上がらないけど、反応は良いですね!
イワシカラーとでもいったところぇしょうか。
クリア系のワームの油分を取りマジックを塗ってみるのも遊び心が逆に良い釣果につながるかもしれません(^^;

この後、風が急に強まり日が落ちて寒さが増してギブアップ。。

しかし、手ぶらで帰る事も覚悟してたので久しぶりに楽しめました(^^)

この先も寒波は来るかもしれませんが、また出かけれたらなぁって思います。

Category