HOME > 釣果情報 > 田埜 博之 > 11月26日『アジングシーズン』

FISH-CATCH釣果

11月26日『アジングシーズン』

釣行日:11月26日

早くも寒波襲来。。秋はあっという間に過ぎ去り、冬の様相となってきました。

気温の低下とと共に人間は外に出るのが億劫になるのですが、海の中はこれから賑やかになってくるのでアングラーにとっては忙しい季節ですね。

さて、今回は、アジングに行ってきました。
持ち込んだタックルは2タイプ。
私のホーム愛媛県ではオカッパリでデカアジが釣れるのでデカアジ用に
碧Entho+2500番リールにPE0.3号にリーダー1.5号
アジといっても40クラスになると、かなり強烈な引きになるので、Enthoを持ち込みました。
そしてジグ単用に
碧LV+2000番リールにエステル0.35にリーダー3lbです。

フィールドに着いたのは、マズメをちょっと過ぎた時間です、表層には小型のアジの姿が見えています。
まずは、碧LVのジグヘッド単体で釣り開始。

一投目から反応あり。表層見えてるアジより少しだけ大きな魚でした。
そして続けて

またも同じくらいのサイズ。

この季節、愛媛県では尺を超える魚が釣れる魚が釣れたりするのですけど、なかなかサイズが伸びません、、、そこで碧Enthoにタックルチェンジ。使うのは、、

村上式天秤。これを使ってディープに潜んでいるであろうデカアジを狙う作戦。
スイベルからのリーダーはデカアジに備えてフロロ1.5号にレベリングヘッド太軸金鈎の0.3g。シンカーは浜キャロロケット3号です。
手前は薄っすらと街灯の灯りがあるので、その奥の暗い所に遠投。
ボトムをネチネチ。0.3gのレベリングヘッドが漂うようなイメージで、、

ヒットしたけど同じくらいのサイズ‥。
この後も何度も探るも、同じサイズばかり。。
しかし、このリグは、遠投してディープを探るのにはとても良い感じです!
残念ながら、今回の釣行は小型ばかりでデカイのは入って来なかったのですが、今後もまだまだチャンスはありますので、またトライしてみたいと思います。

Category