6月21日”濁流の反転流でビビビネコ” | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 中村 拓水 > 6月21日”濁流の反転流でビビビネコ”

釣果日:6月21日
愛媛県の“TANO”様より、レポートをいただきましたので、ご紹介いたします。

梅雨に突入し、海も濁りが入ったり水潮で釣りにくくなっているので、ならばと、

逆に濁りが入りそれを利用するならば、、と、

ナチュラルウォーターに魚を求めてみました。

場所は、山間部にあるリザーバーとそれに絡む河川です。

ポイントに到着すると、梅雨の影響で水量も、濁りも釣れそうな雰囲気(^^)

期待できるかも?

ここでは、岩石の陰となる部分や反転流を意識して狙います。

まずは、キャラメルシャッドをキャスト。このルアーは、本当に艶めかしい動き‥。

岩と岩との間の隙間を通していたら‥。

ガッ。と、反応アリ!

岩にラインがスレないよう、素早く岩から離します、。

20160620 TANO様-01

サイズは30チョイといったところでしょうか。

ガッツリ掛かっていますね~。

と、ここでふと地面を見ると。。

20160620 TANO様-02

たくさんのエビの死骸が。

おそらく増水からの急な減水で取り残されてしまったのでしょうか?!

あたりをよく見てみるとたくさんのエビ!

このエビを捕食しているやつがいるかも??

もしかしたら、と、思い

あまりこのルアーをこのリグではしないのかも知れませんが、私は良く使います。

ビビビバグ3.2インチをネコリグにして。

岩に乗せるようにキャストして、それを、ポチャンと落とす、

または、岩の裏の反転流となる部分に入れるというやり方をやってみました。

やはりでした(^^)

20160620 TANO様-03

この作戦でヒットが多数♪(´ε` )

20160620 TANO様-04

アフターな、細長いヤツもエビを食べているのでしょう、

狙い通りキャッチできました。

キャラメルシャッド、ビビビバグを使い、ビッグな魚は出ませんでしたが、

思った通りに釣れる楽しさを味わう事ができました(^^)

プロフィール

名前
中村 拓水
居住地
広島県広島市
出身地
広島県広島市
自己紹介
広島県広島市出身、広島市在住の33歳。メインフィールドである広島県西部の島嶼部、山口県東部、島根県西部にてメバル、アジを筆頭にアオリイカ、チヌ、シーバス等、ライトタックルで狙えるフィッシュイーター全般をターゲットにしています。得意な釣りは20m程度までの岸釣りではディープレンジとされる層で軽量スプリットリグを用いたメバル・アジ釣り、また、ハードベイトを用いたメバル釣りです。一誠製品の魅力を精一杯伝えていきたいと思います
メインフィールド
広島県島嶼部(呉エリア)、山口県東部、島根県西部
得意な釣り
ディープレンジでの軽量スプリットリグ、ハードベイトを用いたメバル釣り
ブログ
『Wonderful Opportunity!続・岸組日記的な釣りブログ』
http://kishigumi3rd.naturum.ne.jp/
(HN:スパイク)