9月29日『秋の三重県、ハネエビでメッキ連続ヒット!』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 森 崇行 > 9月29日『秋の三重県、ハネエビでメッキ連続ヒット!』

1

釣行日:9月29日
こんにちは。
issei海太郎フィールドスタッフの森です。

今回のレポートは、例年通り釣果が安定してきている三重県南伊勢エリアのメッキゲームを改めてご紹介させて頂きます。

この時期このエリアのデイゲームで、足場の良い漁港などの岸釣りでも狙って釣る事ができ、群れに遭遇すれば初心者でも手軽に数釣りを満喫する事も出来る人気のターゲットのメッキ。

岸釣りでの主な釣場としては、漁港などはもちろん、河川の河口部などの汽水エリアでも実績が有るため、人気の釣場となっています。
河口付近に堰や水門などが無い河川の場合、かなり上流までメッキが上がって来ている事もあります。
大小様々な河川がありますが、一見見落としてしまいそうな小規模河川の河口周辺は、竿抜けポイントだったりするので、釣りが可能な状況で有れば有望な釣場となります。

南伊勢エリアのメッキゲームの近況は、20センチ前後のものが多く釣れています。

先日も、メッキを狙って釣りに行って来ました。

当日は、干潟エリアに流入する小規模河川の河口部にある漁港へ向かいました。
満潮時でも海底まで2mほどの浅場なので、ハネエビヘッド2gにハネエビをセットしてキャストし、着水後すぐにアクションを開始して表層付近にメッキが居ないか探って行きました。

3~4回、ハネエビを左右にハネ(ダート)させて1m程リトリーブ。

ハネさせてリトリーブ。

これを繰返し、メッキのリアクションバイトを誘発させるパターンがハマり、日没前30分の時合に20センチ前後のメッキを連続キャッチする事が出来ました。
3
ハネエビをハネさせる時も、リトリーブの時も、ハネエビがフォールし過ぎてレンジがズレ過ぎない様に意識し、水面下ギリギリをトレースするイメージでアクションさせる事が釣果を出すコツでした。
早く(連続で)アクションさせ過ぎて、ハネエビが空中に飛び出してしまう事も有りましたが、表層付近を狙う場合は、それが有効なアクションとなる事もよくあります。

小魚が何者かに追われて逃げ惑い、水中から飛び出してくる場面、、、

よく見かけますよね。
あのイメージです。

と、それっぽい事を書いていますが、今回のパターンは、偶然発見しました。

フッキングミスによって針に掛ける事が出来ず、ワームがズレていないか確認するため回収しようと早巻きした直後にヒット。
これが当日のファーストヒット。

偶然からの必然。

4
こう言う偶然も大事なヒントですね。

ハネエビのカラーは、クリアシルバーフレークやシラスレインボーに反応が良く、ハネエビのアクションの付け方やカラーをヒントに、ネコスピンも投入してメッキの反応を見てみると、表層付近の早巻きにたくさんのメッキがチェイスしてくるのが確認でき、フォールやトゥイッチを加えるとあっさりヒット。

ネコスピンでのメッキゲームは、今後も色々と試して行きたいと思います。

手軽な釣場とは言え、安全装備をしっかりとして、ゴミの問題、駐車場の問題などなど、無用なトラブルが無いように、ルールやマナーを守って楽しんで行きたいですね。

SNSで、issei海太郎での釣果など、釣行中や釣行直後に新鮮な釣果情報を発信していますので、三重釣行の際にお役立て頂ければ幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

森 崇行

プロフィール

名前
森 崇行
居住地
三重県
出身地
三重県
自己紹介
アジング・メバリグなど、岸釣りで手軽に遊べるライトソルトゲーム全般が好きで、季節ごとの旬な釣りものを求め、暇さえあれば釣り場に足を運んでいます。"せこ釣り"のバス釣りも好きです。
メインフィールド
三重県(鳥羽~南伊勢エリア)
得意な釣り
アジング・メバリグなど、岸釣りで手軽に遊べるライトソルトゲーム全般。"せこ釣り"のバス釣り。
フェイスブック
https://www.facebook.com/takayuki.mori.336