『海太郎釣行レポート』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 多田 勝 > 『海太郎釣行レポート』

釣行日:4月1日

ひと月前はあんなに寒かったのに。。。
でかいアジは産卵を意識していて見えているのに口を使わない。
豆アジは高活性。更にカサゴや小型ハタ類も活性上昇。
春ですね。真っ只中ですね。
またひと月ほど経てば産卵も落ち着き一気に夏へ加速していく。
慌ただしくも楽しい季節の始まりです。






茶メバルと黒メバルを釣り分けたり、
マズメでセグロの回遊を捕まえたり、
春らしい遊びが楽しくてたまらない!
そしてスパテラ2.5インチフナムシカラー
夏まではこのカラーをヘビーユーズしていきます。
特に僕のホームエリアでは相性がいいようで、
どのシチュエーションでも「最初はフナムシからスタート」が定番になりました。
夏までという限定的な表現ですが、
冬から春にかけて使ってきましたが魚の反応を見る限り夏までは問題なく、
どのシチュエーションでも楽しませてくれそうということです。
はたして、夏のマルアジやボトムに張り付いた大型個体や極豆アジに
対応できるのか、未知数です。

スパテラ鯛ラバトレーラー

エビ・カニエキス配合で味と匂いで魚を誘う!ということで
匂い&味チェック
匂いは。。。未知との遭遇!
嗅いだことがない匂いで思わず顔を背ける。
他のワームで味わったことがない匂い。
口に含んで歯触りなんてチェックできません。
冷静になって再度チャレンジ。
これは。。。バナナ?
そう、これはバナナな香り。
嫌いではない。更にクセになる!そんな感じです。


根魚には大人気なよう。
鯛ラバトレーラーとしてのポテンシャルはこれから確認していきます。
根魚玉にもひと工夫
さてどうなるか。

プロフィール

名前
多田 勝
居住地
佐賀県唐津市
出身地
大分県宇佐市
自己紹介
玄海灘という恵まれたフィールドで、食指の赴くままに旬の魚を追いかける。メインターゲットはアジだが、時期によってはブリ、ヒラマサなどの大型魚もターゲットにする自称マルチアングラー。
メインフィールド
唐津呼子を中心とした北部九州エリア
得意な釣り
ライトゲーム