海太郎釣行レポート『 プラグでカマス』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 多田 勝 > 海太郎釣行レポート『 プラグでカマス』

このパターンにたどり着くまでネコメタルやネコスピンやレベリングヘッドを
メインに使っていました。
しかしこの釣りではバラシが多いことが悩みで、様々なセッティングを試し、
ネコメタルボトムヘビーセッティングでテールにアシスト2本に落ち着きました。
ただ、このセッティングにもアシストがジグの動きとずれて動くため
フッキングしにくいという欠点がありました。
正直、そういうものか。。。と諦めもありました。
そんな時に同行の友人がミノーで釣ったカマス。
プラグで釣れることは知っていましたが、
カマスってノット部やルアーの結び目を食ってきて痛い高切れを起こすので、
ロストのショックが大きいプラグは選択肢から外していました。
けど、釣れたら絶対楽しいヤツ。。。
タックルボックスにあったG.C.ミノーを迷うことなくキャスト
結果は恐れていた高切れもなくバラシもなく驚く程素晴らしいものでした。



なんで?
気になって我慢できず、後日検証のため数回プラグでカマス行ってきました。
その時に感じたことや見つけた有効なプラグアクションなどまとめました。

日中、カマスの群れがいるレンジは水深2、3M。
そこから食いあげてきます。なのでプラグの腹部には無数の歯形が残りました。


ここでミノーの利点が一つ。
リップがあるおかげでルアー結束部が守られるということ。
気を付けなければならないのは食わせの間を長くすると
そんなこと関係なくリーダーをやられる。
特に追い食いを求める時などにやってしまいがちですが、求めすぎると危険です。
たぶん、カマスが複数で追って来てたり、
ルアーの進行先読みで口を使う結果だと思います。
なので誘いは追い食いを求める場合でも間は一瞬がおすすめです。
基本アクションはジャーキングからの一瞬のステイ。
ただ巻きでも活性が高ければ釣れますがテールフックのみにかかることが多くなり
無理をしてカマスの口が飛んだり、バラシが多くなり無駄に魚を傷つけてしまいます。
ジャークを入れることでカマスの捕食レンジにプラグが触れるんだと思います。
このアクションをやるとやらないとでは釣果にはっきり差が出ます。
一秒もない、本当に一瞬の止め。これが重要です。
普段メバルで使っている大きめのミノーと投げ比べました。
釣れるのですがG.C.ミノーほどの魚信が得られず圧勝。
潮の絡み、泳ぎ、レンジがマッチしているんだと思います。
更に、シンキングとフローティングにも大きな差がありました。
圧倒的にフローティングが釣れる。
これはアクション後のプラグの動きの効果だと思います。
一瞬のステイで生じるヨタつき、浮きが効果的だと分析しました。
あと、シンキングを沈めて使うと沈めている間にロストします。。。
対カマスではスローな誘いはリスクが高いです。




小魚を捕食するカマスですが、捕食される立場でもあります。
鳥や大型魚や天候条件や潮の動きなどで口を使うタイミング、
使わなくなるタイミングがあります。
アジの群れと対峙したときのように、たまにイカれたヤツもいます。
僕の中ではカマスはプラグで釣る魚になりました。
が、それでも状況の見極めとルアー選択。
プラグとメタルとワームの使い分け。釣りを楽しむ幅が一気に広がります。
何よりプラグで魚が釣れたら楽しいですよね。
皆さんもどうぞお試しください。ハマりますよ!

今回は動画を撮りました。
思ったことをただただ呟く動画です。
釣れすぎて説明が追い付いていませんが、こちらも併せてお楽しみください。



使用ルアーは
G.C.ミノーの
ミルキーホワイトとオイカワ♀
その他にも
モロコ、チャートオイカワ、夕方シークレットを使いましたが
モロコ、オイカワ♀に反応が良かったです。
フックは替えていません。折れたり伸びたりすることなく、丁度いい感じでした。
錆びるので気になる方は交換をおすすめします。
細軸はカマスの首振りで折れるので注意してください。

《使用タックル》
ロッド:碧遠投
リール:インスパイラ 2500S
ライン:PE 0.2号
リーダー:フロロ 1.75号

プロフィール

名前
多田 勝
居住地
佐賀県唐津市
出身地
大分県宇佐市
自己紹介
玄海灘という恵まれたフィールドで、食指の赴くままに旬の魚を追いかける。メインターゲットはアジだが、時期によってはブリ、ヒラマサなどの大型魚もターゲットにする自称マルチアングラー。
メインフィールド
唐津呼子を中心とした北部九州エリア
得意な釣り
ライトゲーム