海太郎釣行レポート『状況判断と観察』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 多田 勝 > 海太郎釣行レポート『状況判断と観察』

状況に合わせたタックル選択と魚の捕食特性に合わせた釣りの展開
少し真面目なスタートですが
どの魚を釣るにも当てはまる釣果を伸ばすコツです

先日、アジカマス狙いでデイゲームを楽しんできました
魚の着き場を探し転々として見つけたポイントはかなり強い向かい風
試しに投げた0.75gレベリングヘッドは10Mも飛ばない状況
持ち込んだPEタックルは封印して
ポリエステルラインのみで釣りを展開しました

選択したジグヘッドは1.75gにスパテラ2.5インチ
風の影響を受けても飛距離が出てボトムが取りやすくなるための1.75g
明るいときにはシルエットで食わせるための2.5インチ
3インチだとキャスト時に風の影響を受けやすくなるためこの選択
デイゲームでは中層より深い場所を意識します
ベイトに狂った状況でない場合
アジやカマスのような魚は上空の鳥にかなり警戒しています
シェードや障害物が絡めば一概に言えませんが
オープンエリアでは特に影響があります
ボトム付近をふわふわとゆっくりしたリフト&フォールで誘い

回収時にリトリーブで釣れたカマス

これでカマスの位置も把握できました

カマスにリトリーブが有効な理由
フォールやダートアクションに反応しないわけではありません
むしろフォールやリアクションの方が反応がいい状況が多いです
ネコスピンが有効な理由もこの辺りなのですが
今回はポリエステルタックルのため使用を控えました
皆さんも経験があるかもしれませんが、カマスはノット大好きなんです
リトリーブで動いているときは食われることはほぼありませんが
じっくり見せるとやられます

風が更に強くなったところでジグヘッドをハネエビヘッドに変更しました

カマスが相手の場合ハネエビではヘッドごと飲まれることがあり
反応もスパテラの方が良かったです
今回のように強風で2g以上のジグヘッドが欲しいときなど
状況次第ではヘネエビヘッド+スパテラという組合せもオススメです

その後飛距離が欲しくなりネコメタル3gで遊びました
セッティングは飛距離とリトリーブ重視でボトムヘビーにしました
アジはフォールで、カマスはリトリーブで食ってきました

フックセッティングはボトム側に2本でスタート
2本にした理由はカマスの口が硬くもろいのでバラシを減らすためです
以前、デイゲームでカマスの捕食を観察する機会がありました
ワームのテール部分に食いついた状態でリトリーブと同じスピードで
泳ぎながらジワジワ食いすすめる
手元にアタリが出るのはフックまで食った時で
止めたりスピードを変えると見切る
そういう理由からボトム側2本でスタートしました
途中で気づいたのですが
メタルジグはジグヘッドと異なりリトリーブ時でもリアクションを誘いやすい
動きをします
フックにかからずボディにキズが入って気付きました
ヘネエビがヘッドごと飲まれる食われ方をするのも同じ理由だと思われます
その後トップ側とボトム側にアシストフックをつけ安定して釣れてくれました

状況に合わせたタックルセッティングの大切さ
ポリエステルラインで扱うには少し重いリグでも垂らしを長くして
ロッドのしなりを有効に使えばストレスなく釣りができます
今回の釣行では5gまでキャストしました
対象魚を知ることは攻略のイメージを持ちやすくなります
特に捕食の瞬間というのはルアーを食わせるヒントが盛りだくさんです
夜には見えないところも見えるデイゲーム
色々な角度から釣りを楽しみたいですね。

《使用タックル》
ロッド:アジニストDEEP6.6ft改
リール:ルビアス1003
ライン:ポリエステル 0.3号
リーダー:フロロ 0.8号

プロフィール

名前
多田 勝
居住地
佐賀県唐津市
出身地
大分県宇佐市
自己紹介
玄海灘という恵まれたフィールドで、食指の赴くままに旬の魚を追いかける。メインターゲットはアジだが、時期によってはブリ、ヒラマサなどの大型魚もターゲットにする自称マルチアングラー。
メインフィールド
唐津呼子を中心とした北部九州エリア
得意な釣り
ライトゲーム