2月15日『本格的な寒波の到来』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 多田 勝 > 2月15日『本格的な寒波の到来』

2月15日『本格的な寒波の到来』

多田勝の最新記事

多田勝の記事一覧を見る

釣行日:2月15日

一誠 海太郎釣行レポート
本格的な寒波の到来

ホームエリアではいたるところでキビナゴの接岸が確認されています。
小魚を追いかけているアジには
スパテラやシルキーシャッドのようにフィッシュライクで
テイルが小刻みに動くワームが有効です。
投げて巻くだけで釣れる状況ですがフォールを混ぜてレンジを替えて
アジに飽きさせないことでコンスタントに釣れ続けます。
更にフォール主体で横から縦の誘いにすることで口を使わなかった大型の
個体にも口を使わせることができます。
不思議なことに適度に誘いをローテーションしないと大型の個体は口を
使いません。
横の釣りで下の魚のスイッチを入れて縦の釣りで下の魚を拾っていく
そんなイメージです。
個人的な考えとして
鈎にかかったアジが暴れることでスイッチが入るのかなと思います。
他の魚でも同じような状況がありました。
例えば
かけた魚の後ろをついてくる魚がいる状況や
オフショアジギングで魚をかけた瞬間高活性になる状況など
群れの濃さ、ベイトの種類など限られた状況下でのことだと思いますが
こう言うことを考えながら釣りをするのは楽しいです。


小魚を追いかけている時のクリア系の強さは流石です。




捕食の瞬間を見るためのカラー選択です。
おかげでいいものが見れました。


流れが強すぎてフッキングポイントが安定しない時には逆付けをすることで
いつもより深いところにフッキングポイントをずらす事ができます。
と書きたかっただけです。できるだけです。
通常時は使えません。オススメしません。

レベリングヘッド太軸金鈎について
ギガアジ用に開発された太軸#8フックを使用したジグヘッド
海太郎に出会う以前、他社製品ですが#8を使ってました。
個人的には全く気にならない太さです。
ただ少し太く見えてしまうのは金鈎だからでしょう。
とりあえず通常釣行で200尾ほどかけてみました。
ノーマルのレベリングヘッドと交互に使ったりもしましたので
使用感など書かせていただきます。
使い方は巻き中心の前述通りです。
ドラグは締めて少し乱暴な釣り師になりました。
釣ったアジは15センチから35センチ。
15センチのアジでも問題なくかけることができました。


硬いところにかからないとバレやすいです。
薄いところにかかるといつもより穴が大きくなります。
巻きで使うと横からの潮の影響をうけてフッキングポイントが
安定しにくいことも関係していると思われます。



ですが、上あごを捉えた時の安心感は大きいです。
特にフォールで使用した時は水中での姿勢が安定しやすく
アワセを遅らせて飲ませることも可能です。
レベリングヘッドの強みです。

軽めのラインナップが充実しているのでキャロを使ったフォールの釣りに
向いていますね。
僕はキャロ苦手なので軽いウエイトに3インチや4インチワームを合わせて
スローに誘う使い方でギガアジを狙いたいと思います。

この太さ、この強さの金鈎、、、間違いなくメバル向き
3gとか4gとか5g欲しいですね!

《使用タックル》
ジグヘッド単体
ロッド:アジニストTZ改DEEP6.6ft
リール:ルビアス1003
ライン:PE 0.15号
リーダー:フロロ 1.2号

プロフィール

名前
多田 勝
居住地
佐賀県唐津市
出身地
大分県宇佐市
自己紹介
玄海灘という恵まれたフィールドで、食指の赴くままに旬の魚を追いかける。メインターゲットはアジだが、時期によってはブリ、ヒラマサなどの大型魚もターゲットにする自称マルチアングラー。
メインフィールド
唐津呼子を中心とした北部九州エリア
得意な釣り
ライトゲーム