海太郎釣行レポート『パッケージング、ランガンスタイル』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 多田 勝 > 海太郎釣行レポート『パッケージング、ランガンスタイル』

海太郎釣行レポート『パッケージング、ランガンスタイル』

多田勝の最新記事

多田勝の記事一覧を見る

一誠 海太郎釣行レポート
これから暖かくなり軽装でランガンできるのが
ライトゲームの楽しさの一つです。
普段私が行っているパッケージング、ランガンスタイルを紹介します。
まだまだ進化中ですが、かなり気持ちよくランガンできているので
参考にしてみてください。

写真は基本パック
この中からその日の釣行に合わせたものをポケットに入れていきます。

まずは海太郎ボックス

気になるものが付いていますが、まずは中身から

レベリングヘッド各種各ウェイト
よく使うワーム類と一手スナップ
ワームはシルキーシャッド、スパテラ2、2.5、3インチから
釣行時の時間、天候、シチュエーションなどで選抜しています。


ちょっぴりお役立ちカスタム
スマートフォン用のカスタムパーツから金属不使用の物を選びました。
ソルトウォーターゲームなので金属は避けたいところ
更にぶら下げる仕様なため強度を最優先した結果の選択です。
価格は少し高いですがかなり満足しているカスタムです。
使用したらこんな感じです。


ヘアゴムを使いリーダーをぶら下げています。
スプールそれぞれはゴムひもを使い無駄なラインが出ないようにしています。

被せたゴムひもをリーダーが貫通する様にセッティングすると
トラブルはなくなります。
ちょっと遊ぶときはこれに竿を持てば十分です。

もう少ししっかり遊びたい時は反対側のポケットにハネエビパックを入れます。
ハネエビパックはこんな感じです。

接着済みのハネエビと未装着のハネエビヘッド
未装着ヘッドにはスパテラやジャコバグなどのワームの使用を想定しています。
反対側には予備ハネエビ、スナップ、根魚玉5gカスタムとネコアシスト。
ネコアシストはここに収まるべきものではありませんのでこれからの課題です。
さらにしっかり遊びたい時はネコメタルパッケージを持ちます。
流石にポケットには収まらないので水汲みバケツやバッグを使用します。
バッグの方がスマートですね。。。

これにプラスしてプラグ類が絡むとバッグや大型のバッカンが必要になります。
とにかく身軽に機動力優先でいろんな場所のいろんな魚と遊びたいですね。

最後にもっとも大切な部分

ライフジャケットは必ず装着しましょう。
身の安全だけではなく救助の可能性も考えて水辺での遊びには必須です。
これにラインカッター、プライヤー、ゴミ箱、フィッシュグリップをつけています。

暖かくいい季節になりました。安全に楽しく遊びましょう。

先日、ダイワのプロスタッフ岩崎林太郎くんが船長をする遊漁船「ジンベイ」に
ボートメバルゲームでお世話になりました。
今回の個人的テーマは
しっかり考えて遊ぶ
でした。
なぜそのリグなのか?
なぜそこに投げたのか?
なぜ?なぜ?
自問自答しながら試行錯誤。
大分方面のメバルが盛期を迎えています。
全国的に見てもこれからメバルゲームが盛り上がる季節です。
しっかり楽しませていただいた模様はブログにまとめました。

ブログURL
https://ameblo.jp/goriniiyan/entry-12365704377.html

タックルデータ
《使用タックル》
ロッド:碧 ライトゲーム・遠投
リール:インスパイラ2000
ライン:pe 0.2号
リーダー:フロロ 1.25号

プロフィール

名前
多田 勝
居住地
佐賀県唐津市
出身地
大分県宇佐市
自己紹介
玄海灘という恵まれたフィールドで、食指の赴くままに旬の魚を追いかける。メインターゲットはアジだが、時期によってはブリ、ヒラマサなどの大型魚もターゲットにする自称マルチアングラー。
メインフィールド
唐津呼子を中心とした北部九州エリア
得意な釣り
ライトゲーム