海太郎釣行レポート『サーフウェーディングゲーム』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 多田 勝 > 海太郎釣行レポート『サーフウェーディングゲーム』

海太郎釣行レポート『サーフウェーディングゲーム』

多田勝の最新記事

多田勝の記事一覧を見る

一誠 海太郎釣行レポート
サーフウェーディングゲーム
季節が変わり徐々に涼しく。。。寒くなってまいりました。
今年から本格的に始めたウェーディングゲーム
今回は近所の砂浜へ行きました。
夏は海水浴客で賑わう浜辺も季節は秋から冬
波が穏やかな日はまさに穴場
しかも駐車場が隣接している場所が多く
トイレがあったり、場所によってはシャワーで砂をながせたりと至れり尽せり。

釣れる魚種も様々
フラットなイメージが強いサーフゲームですが
そこは誰でも想像が容易な駆け上がり
遠浅だったりドン深だったりと地域差はありますが
そこは根がかりがほぼない駆け上がり
砂浜の駆け上がりはキスをはじめ
小魚がフィッシュイーターに追い詰められる場所
まだ出会えていませんが、スズキや青物や真鯛の回遊もあります。

僕が行った砂浜は遠浅だったので
穏やかで海水が澄んでいれば結構入っていけます。

ただ、海には、特にサーフには危険が多いです。
エイやクラゲやゴミや流木
更に、見た目以上に強い波、潮流など
無理をせず安全に遊びましょう。

前置きが長くなりましたが、、、
この日はスイミング根魚玉とキャラメルシャッド3.5インチで遊んできました。
サーフって思っていた以上に地形変化が豊富
そしてその地形変化が素直
遠浅な駆け上がりでもしっかり地形変化を打てば答えが帰ってきます。

ヘッドが海底をこすり巻き上がる砂埃をテールが攪拌するイメージ
足元でこの動きが確認できたので沖でもそうなっていると思います。
しかもキャラメルシャッドと組み合わせると
海底に置いておくだけでテールが持ち上がり勝手にフラフラとアピールしてくれます。
フグが高確率で寄ってくるので使いどころは少ないですがアピール力はあります。
カタクチワームが発売になり状況に合わせた攻めの手数も増えました。
ワームだけではなくプラグやネコメタルなども効果的です。
少し寝坊した釣り日和、のんびりサーフゲームもいいものです。

別日ですが、動画を撮りました。
サーフゲームのイメージは出来ると思います。
こちらもどうぞお楽しみください。

《使用タックル》
ロッド:碧遠投
リール:インスパイラ 2500
ライン:PE 0.6号
リーダー:フロロ 2号

プロフィール

名前
多田 勝
居住地
佐賀県唐津市
出身地
大分県宇佐市
自己紹介
玄海灘という恵まれたフィールドで、食指の赴くままに旬の魚を追いかける。メインターゲットはアジだが、時期によってはブリ、ヒラマサなどの大型魚もターゲットにする自称マルチアングラー。
メインフィールド
唐津呼子を中心とした北部九州エリア
得意な釣り
ライトゲーム