9月16日 『海太郎釣行レポート』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 多田 勝 > 9月16日 『海太郎釣行レポート』

釣行日:9月16日
つくつくぼうしが鳴き始め、夜も少しだけ涼しくなりました。
秋ですね。豆アジの外側や下に一回り大きなアジが付いていて、
やっと楽しめる季節になりつつあります。
今年の北部九州は雨が少なく、降ると河川の絡む場所が賑やかにな
ります。川からのプランクトンを求めカタクチイワシなどが集まり、
それを捕食するアジやシーバスが朝からお祭り騒ぎでした。
まずは夏の名残から。

td0916_1

釣れる気しかしないボトム
朝一のネコスピン

td0916_2

td0916_3

ボトムが取りづらいところではザリメタル
td0916_4

今回はアシストフックを使用せずオリジナルフックを使用
どっちでも釣れます。またいずれ詳しく書きますが、好みでいいと
思います。ザリバイブも使用しましたが、まだ使い込みが足りない
ためレポートにはできません。
シミーフォールが鍵だと思うんですけどね。

ナブラにワカペン入れたらダツ。
td0916_5
今年は多いです。

ハネエビパニックにもチャレンジしました。
td0916_6

td0916_7

見えていたネリゴが釣りたかったんですけどね。動きをマッチング
させきれなかったです。根魚に大人気でした。とにかく動きが面白
い。少しゆっくりしたトゥイッチとフォール。トゥイッチする時の
ラインスラッグの使い方が肝ですね。後日ショアでマイクロハネエ
ビパニックを試しましたが強風のため投げる前にパニックになりま
した。修行が足りません。。。

そして秋。
td0916_8
河川の流れ込む場所はお祭り騒ぎ。
ベイトの群れの真ん中に陣取るシーバス。口を開けるだけでお腹い
っぱいになる。賢い。

群れの下を意識してネコスピンを通すとサバとアコウ。

td0916_9
td0916_10
少しスローに弱った魚を演出。あとはブレードが仕事してくれます。

流れのある場所では回転ビーズを使ったヘビキャロ。キャロはアゴ
リグシンカーで代用。流れに対して平行に攻めることが出来るので
はと想像してます。
td0916_zu

潮がしっかり動いているときはちゃんとアジ。
td0916_11

ベイトの食べすぎでお腹の形が変わってます。
td0916_12

潮が緩むとカサゴやフラット
td0916_13
td0916_14

同じ場所に通っていると色々見えてきます。
流れのしっかり聞いた時間に流芯でシンカーを転がしていると

td0916_15
スパテラ2インチカブラ
再現性なし、事故ですがシーズンインの兆しを感じる1尾。

この1尾を釣った後日
離島の小川が流れ込む漁港へ確認のデイアジング。
スパテラ
クリアレインボー
td0916_16

ピンクグロー
td0916_17

ピンクグロー
td0916_18

クリアレッドフレーク
td0916_19

一通りスパテラで遊んだのち仮説と妄想。
どこにベイトが集まり、どこが効率よく食べれるか。
魚の視線はどこを見ているのか。
大型のアジがなぜ大きくなれたのか。などなど
想像、観察するだけでワクワクします。
この考え方はアジングに限らず色んな釣りに共通していますよね。

濁りが強かった為シルエットを強調するために常吉ワームを選択。

td0916_20

他魚の食べ損じや弱った魚を少ないカロリー消費で捕食。
明るい時間は鳥の目につくのでシェードやボトム。
なるべくスローにもしくは動かさず待つ。
そんなことを考えながらボトムコロコロ。
あーでもないこーでもないと想像しながらフグのアタリをかわした
瞬間きました。

td0916_21

35センチくらい。
ライトゲームやっててよかったと思えた1尾。

やめられない!

今後の課題
td0916_22
練習あるのみ。

《使用タックル》
ジグヘッド単体
ロッド:オリジナルチタンティップロッド5.7ft
リール:ルビアス1003
ライン:ナイロンライン 0.5号
リーダー:フロロ 0.8号

プラグ、ジグ
ロッド:リアルクレセント 81LR
リール:ツインパワー C3000
ライン:pe 0.6号
リーダー:フロロ 4号

プロフィール

名前
多田 勝
居住地
佐賀県唐津市
出身地
大分県宇佐市
自己紹介
玄海灘という恵まれたフィールドで、食指の赴くままに旬の魚を追いかける。メインターゲットはアジだが、時期によってはブリ、ヒラマサなどの大型魚もターゲットにする自称マルチアングラー。
メインフィールド
唐津呼子を中心とした北部九州エリア
得意な釣り
ライトゲーム