1月17日 一誠 海太郎釣行レポート | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 多田 勝 > 1月17日 一誠 海太郎釣行レポート

投稿日:1月17日

一誠 海太郎釣行レポート
2018年沖磯釣行スタートしました。
皆さま、本年もよろしくお願い申し上げます。

今回は福岡県の宗像沖ノ島へ初渡磯。


津屋崎港から約一時間
マグロからアジまで様々な魚が狙える夢の島、名磯の数々。
根魚の魚影が濃い!
時期的にリリースサイズが多いですが
ネコメタルで思い通りの釣りができたので紹介します。

ネコメタルを使ったアカハタ、キジハタ、カサゴの釣り分け
同じ海域に様々な根魚がいることが前提ですが
一本のネコメタルで全て狙えることが大きいです。

今回使用したのはネコメタル14g
海況や魚の反応を見ながら決めました。

まずはボトムヘビーでアカハタ、キジハタ狙い

アカハタは
着底後スローなワンピッチでボトムでワンバウンドさせるイメージで狙います。
ポイントは竿を立てて操作することとしっかりボトムにタッチすることです。
竿を立てることでジグとの角度ができ着底を感じとりやすくなります。
そうすることでジグより若干着底が遅いアシストフックは根がかりしにくくなります。
ティンセルがあることでこの効果が特に感じられます。


キジハタは
着底間際で着底させずにスローなワンピッチで
ボトムギリギリを泳がせるイメージで狙います。
キジハタはボトムスレスレを泳ぐものにいい反応を見せます。
ここにボトムヘビーで狙う理由があります。

リーリングの調整でしっかり泳がせてシャクリ上げ
テンションを少しだけかけた時のフォール姿勢
からの
テンションを抜いた時に見せる姿勢の崩れ
かなり効きます。

カサゴはトップヘビーに切り替えて。
アカハタよりもボトムを意識して
スローなワンピッチでも間隔を狭く
タイトに攻めるのでボトムヘビーのままでは根がかりしてしまいます。
トップヘビーでしっかり攻めます。

ネコメタルはひっくり返すだけでそれぞれ違った遊び方ができます。
同じ魚種でも違う攻め方で釣ると面白いですよ!

《使用タックル》
ロッド:碧 ライトゲーム・遠投
リール:インスパイラ2000
ライン:pe 0.6号
リーダー:フロロ 1.75号

プロフィール

名前
多田 勝
居住地
佐賀県唐津市
出身地
大分県宇佐市
自己紹介
玄海灘という恵まれたフィールドで、食指の赴くままに旬の魚を追いかける。メインターゲットはアジだが、時期によってはブリ、ヒラマサなどの大型魚もターゲットにする自称マルチアングラー。
メインフィールド
唐津呼子を中心とした北部九州エリア
得意な釣り
ライトゲーム