『高知県でハタを狙い!!』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 中村 拓水 > 『高知県でハタを狙い!!』

諸事情で釣りに行けない状態が続きましたが、

ようやく目途がたったので久しぶりに釣りに

出かけてきました。今回は私としても初上陸の

高知県でのハタ狙いです。

金曜の夜までに現地入りし、現地の渡船を利用して

黒潮のぶち当たる沖磯へ渡してもらいました。

写真 にはおさめられなかったのですが、足元には

瀬戸内海では見られないカラフルな魚達。

コバルトスズメだけは名前がわかるのですが、

それ以外にも鮮やかな魚が豊富で魚ッ気はたっぷり。

本格的にハタ類を狙うのは初めてだったので、

ガイドの方にレクチャーを受けながら釣りを開始。

まずは、足元を泳ぐ魚を参考にルアーをチョイス。

圧倒的にスズメダイ系の体高のある魚が多かったので、

海太郎製品ではないのですが、ブラックバス用の

ギルフラットを投入して様子を見る事に。

・・・すると、一投目からいきなりバイト!

針掛かりには至らなかったのですが、帰ってきた

ギルフラットが無惨なな姿に・・・。

得も言われぬワクワク感 を抑えながら、

ギルフラットの在庫が無かったので、ルアーを

スーパースティックにチェンジして

同じコースをトレースすると。。。

いきなり出ましたオオモンハタの45cm^^

オオモンが回遊性のハタだとは聞いていましたが、

かなりの速巻きに喰ってきた事に驚きました。

また、釣れ方が根魚のそれとは少し違っていて、

ボトムよりも上を泳いでいるのか、横の動きに

相当敏感な印象です。

検証も兼ねてルアーをキャラメルシャッドに

チェンジし、シャローエリアを「ルアーを回収

するようなスピード」で巻くと連発!

小型だったのでリリースしましたが、オオモンは

相当に「流れ」を意識 した魚だと実感しました。

ですが、今回の私の狙いはあくまで「アカハタ」。

舌が蕩けるほどに旨いと名高い高級魚を仕留めに

遥々高知までやって来たので手ぶらで帰る訳には

行きません。

アカハタはオオモンとは違い、カサゴに近い食性

という事を事前に聞いていたのでルアーをジャコバグや

旨はたクローにチェンジしてネチネチ探り始めた

タイミングで、スマートフォンに残念なお知らせが。。。

電話の主は渡船の船長からで、

「台風の影響で波にうねりが出始めたので今から

迎えに行きます」

との事>_<

途中からサラシが出来はじめ、ハタゲームよりも

ヒラスズキが釣れそうなシチュエーションに

変わってしまいました。。。

残念ですが、仕方なくアカハタを諦める事になりました。

今回はオオモンハタのみで3匹ほどキープさせて

もらいましたが、私の中でのオオモンハタは

ブラックバスに印象がかなり近いです。

手練れの方からすれば当たり前な印象かもしれませんが、

私にとっては全てが新鮮。タックルやルアーに関しても

思う所があるので、揃えていくのも非常に楽しみ^^

オオモンハタのようなスイミング主体の釣りでは、

根掛かりとの兼ね合いもあるでしょうが、圧倒的に

ジグヘッドリグの方が強いと思われるので、今夏

発売予定の『スイミング根魚玉』が力を発揮する

でしょうね。

蛇足です が、今回は酒蒸しでオオモンハタを頂きました。

アカハタが絶品と聞いていましたが、オオモンハタも

かなりの美味。キジハタ(アコウ)と甲乙つけがたい味で、

なるほどゲーム性の高さ以外に彼らが釣り人を惹きつける

理由はここにもあるなと思いました^^

【タックルデータ】
ロッド:ハタ用ロッド 8f10inc
リール:ダイワ 3000番
ライン:PE1.5号
リーダー:ナイロン30lb
シンカー:根魚玉21g、ジグヘッド30g~40g
ルアー:キャラメルシャッド3.5inc、スーパースティック4inc

プロフィール

名前
中村 拓水
居住地
広島県広島市
出身地
広島県広島市
自己紹介
広島県広島市出身、広島市在住の33歳。メインフィールドである広島県西部の島嶼部、山口県東部、島根県西部にてメバル、アジを筆頭にアオリイカ、チヌ、シーバス等、ライトタックルで狙えるフィッシュイーター全般をターゲットにしています。得意な釣りは20m程度までの岸釣りではディープレンジとされる層で軽量スプリットリグを用いたメバル・アジ釣り、また、ハードベイトを用いたメバル釣りです。一誠製品の魅力を精一杯伝えていきたいと思います
メインフィールド
広島県島嶼部(呉エリア)、山口県東部、島根県西部
得意な釣り
ディープレンジでの軽量スプリットリグ、ハードベイトを用いたメバル釣り
ブログ
『Wonderful Opportunity!続・岸組日記的な釣りブログ』
http://kishigumi3rd.naturum.ne.jp/
(HN:スパイク)