12月26日『離島へアジを狙い!!』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 中村 拓水 > 12月26日『離島へアジを狙い!!』

釣行日:12月26日
2016年の釣り納めという事で、仲間とともに瀬戸内の離島へ
行って参りました。

この島はナイトゲームで入るのは初めてでしたが、
尺に絡むようなアジが回遊してくるピンポイントがあるため、
タイミングが合えばバタバタと良型が釣れるとの情報を
事前に仕入れていたのでかなり期待をして入りました。

しかし、島に着いてみると意中のピンポイントには既に先行者が。。。

仕方ないので同じようなシチュエーションのポイントに逸れて
良型アジの回遊を待ちます。

到着後暫くはアジからの反応はほとんどなく、小型のメバルならば
際限なく釣れ、その中にキープサイズのメバルがたまに混じるため
ポイント移動を躊躇ってしまう嫌な流れ^^;

ダラダラと特筆すべき釣果もないまま釣り納めを終えるのか?
というムードが漂い始めた中、、最初に入ろうとしたピンポイントが
空いたため、急遽荷物を片付けて民族大移動開始(笑)

同行した仲間がおでんを振舞ってくれたので何とか心が折れずに
釣りを続けることができました(笑)ありがとうございます!

意中のポイントに着いてからも、居着きのアジが居る訳ではないので
すぐに反応はありません^^;

ある程度水深と流れのあるポイントなので、得意のスプリットリグで
ボトムから丁寧に探っていきます。ここのボトムマテリアルは砂?泥?
とにかく流芯には殆どストラクチャーは無いのですが、そこを少しでも
逸れてしまうと手前側には藻か沈み根があるらしく、根掛かりが多発
してしまいます。

このようなポイントにおいて流芯のボトムを効率良く探るには、リグに
ある程度ウエイトがあり、かつ放出するラインをしっかりとコントロール
する必要があります。とはいえ、言葉で言うのは簡単ですが、横風や速い
流れがある中でそれを完璧にやろうとするのは至難の業。。。

そういった時に役に立つのがベイトタックルなんです^^
ベイトリールの構造に関しては既知の通りですのでここでは割愛しますが、
スピニングリールと比べてラインの放出量を管理しやすい事がこのような
ポイントでは最大の利点となります。

クラッチをフリーにしてもあまり風に影響されず必要な量だけルアーの
重量に応じてラインが出ていき、かつ重たいリグを使用しても
メカニカルブレーキを活用することで沈下スピードを軽量リグのそれと
変わらず遅くする事も出来ます^^b

このような特性を活かしてかなりタイトにボトムを攻めると。。。

「フワッ」

とするような違和感が。
竿で聞いてみると先ほどまでのメバルやデンゴサイズのアジと違い、
重量感とともにトルクフルな横走りが!

しっかりといなして揚がってきたのは、事前情報通りの尺絡みで
体高バッチリな良型アジでした^^b

その後も同じパターンで回遊の魚をポツポツと追加。
最初は釣れない時間が続いたのでどうなることやらと思いましたが、
終わってみれば内容の濃い釣り納めとなりました^^


ベイトタックルでなければ釣れないのか?と言うと決してそうでは
ありませんが、効率良くボトムを探るためにはかなり使いやすいと
思います^^b 私自身が元々ブラックバスからルアーフィッシングを
始めた人間という事もあり、キャストするだけでもかなり楽しめるので
元バサーの方にはかなりおススメです!

また、今回の釣りではスパテラが抜群の威力を発揮しましたが、
中でも強かったのが海太郎製品ではないブラックバス用の
ラインナップである3インチ(使ったのはリザーバーベイト)。
大型個体が必ずしも大きなベイトを捕食する訳ではありませんが、
3インチを使用した時にアタリが頻発しました^^;
持ってて良かった3インチ(笑)
ルアーローテーションの1つとしてタックルボックスに忍ばせておくと
きっと良い事があると思います^^b

【タックルデータ】

(レベリングヘッド スプリットリグ・フロロ)
ロッド:7.2フィート ライトゲーム用ロッド
リール:ダイワ 2000番
ライン:フロロカーボン2.5lb
シンカー:5B~6B
ジグヘッド:レベリングヘッド1g ~ 1.75g
ルアー:スパテラ2インチ、2.5インチ、3インチ

(レベリングヘッド スプリットリグ・PE)
ロッド:7.1フィート ライトゲーム用ベイトロッド
リール:ダイワ ベイトフィネス対応リール
ライン:PE0.6号(フロロコンポジットライン)
リーダー:ナイロン6lb
シンカー:5B~6B
ジグヘッド:レベリングヘッド1g ~ 1.75g
ルアー:スパテラ2インチ、2.5インチ、3インチ

                           以上

プロフィール

名前
中村 拓水
居住地
広島県広島市
出身地
広島県広島市
自己紹介
広島県広島市出身、広島市在住の33歳。メインフィールドである広島県西部の島嶼部、山口県東部、島根県西部にてメバル、アジを筆頭にアオリイカ、チヌ、シーバス等、ライトタックルで狙えるフィッシュイーター全般をターゲットにしています。得意な釣りは20m程度までの岸釣りではディープレンジとされる層で軽量スプリットリグを用いたメバル・アジ釣り、また、ハードベイトを用いたメバル釣りです。一誠製品の魅力を精一杯伝えていきたいと思います
メインフィールド
広島県島嶼部(呉エリア)、山口県東部、島根県西部
得意な釣り
ディープレンジでの軽量スプリットリグ、ハードベイトを用いたメバル釣り
ブログ
『Wonderful Opportunity!続・岸組日記的な釣りブログ』
http://kishigumi3rd.naturum.ne.jp/
(HN:スパイク)