『秋のショアジギング』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 田埜 博之 > 『秋のショアジギング』

みなさんこんにちは
朝夕は少し肌寒くなりましたね。海もだんだんと、水温も下がってきて魚の動きも活発になってきているみたいです。

今回は、漁港やサーフにベイトが入り、そこにフィシュイーターがいるであろうと思いやってみました。

まず最初にポイントを見渡すと、サーフには7〜8cmくらいのベイトの群れが。
ちょうど、ネコメタル29gと同じくらいのベイトです。

ラインはPE1.2号にリーダー25lbです。
ネコメタルはラインを結ぶ位置でジグの動きが変えられるメタルジグですが、今回は、トップヘビーセッティング(販売されているそのままのセッティング)でゆっくり落として魚にアピールさせてみます。

時折、出るボイルにジグをキャストしフィッシュイーターにアピールします。

しかしながら、反応無く、、次第にベイトの群れは沖へと、、
サーフでしばらく狙うも、ベイトの群れも岸から遠くに出てしまったので移動します。

港湾部の角から、広範囲に狙ってみます。
先程の、サーフの沖に位置するポイントですから、サーフから離れたベイトが群れています。

遠投し、着底後に早めのピッチでシャクリ、フォール。これを連続して繰り返します。

いたるところで、小型のフィッシュイーターのボイル。

いい感じだなぁと、思っていたらガッンと、アタリ。

そんなに大きくは無いが、強い引きです。
。魚は、サゴシ。

サゴシは、歯が鋭いのでラインを切られることがありますが、良いところに掛かってました。

また、同じ感じで早めの誘いで狙っていたら、後ろからのチェイス。
ヒットはしませんでしたが、ハマチの少し小さなくらいの魚でした。
サゴシやハマチなどが、ウロウロしているみたいです。

回遊してきているチャンスを逃さないように、キャストを繰り返していると、さっきのよりも強い引き。
ゲットしたのは、サイズアップしたサワラ。

これも、良いところに掛かってました。

しばらく、サワラのボイルがありましたが、つぎに掛けた魚は、途中でフックアウト。。その後は次第に、海が平和になっていき、、

ここでストップとなりました。

秋になりベイトの接岸とともに、青物などの回遊魚が岸に寄ってきますので、ネコメタルはもちろん、新発売のカタクチワームや、ウミペンなどをろーしながら、やってみると楽しめそうです。

みなさんも、ぜひ狙ってみて下さい。

プロフィール

名前
田埜 博之
自己紹介
愛媛県でバス&ソルトゲームをやっています。愛媛はバス、ソルトゲーム共に良いフィールドが多いので、海は季節の旬の魚を追い求めフィールドに向かい楽しんでいます。
メインフィールド
愛媛県中予、南予が中心
得意な釣り
陸からのライトゲーム(たまにオフショア)エギング、ショアジギングなど。