『海太郎釣行レポート』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 多田 勝 > 『海太郎釣行レポート』

『海太郎釣行レポート』

多田勝の最新記事

多田勝の記事一覧を見る

発売したてのスーパースティックカーリーを持って沖磯へ
当初の予定ではオオモンハタを
スピニングのスイミングで狙うつもりでセッティングしていましたが
うねりのため渡磯を断念
急遽別海域でのアカハタ、キジハタ狙いに変更しました。
オオモンハタとアカハタ、キジハタは
同じハタ類でもハッキリ釣り方が異なります。
オオモンハタは巻きの釣りが有効で
アカハタ、キジハタはボトムでのリフトフォールが有効です。
住む場所も食の好みも異なるオオモンハタとアカハタ、キジハタですが
釣れるワームは同じ。
正確に言うと食べているものは同じでも好物がそれぞれ異なるということ。
使い方、見せ方次第で色々なハタ類と遊べるのもこの釣りの魅力の一つです。
今回渡ったのはひと月前に調査が済んだ磯
釣れるのは分かっていたので課題を設定して挑みました。
その課題は
・巻きで使うつもりで用意したワームでアカハタ、キジハタを釣る
・碧遠投一本で釣り切る
対オオモンハタを想定して用意したワームは
スーパースティックカーリー、スパテン、スパテラアッセンブル
全体的に長い。。。
結果から言うとスパテン以外は魚の顔を見ることができました。
スパテンはアタリがあるもののフッキングにいたらずでした。
スパテンに合わせたフックはリューギのヘビーウェイテッドブルータル7/0
イケル予定でしたがセッティングミスでした。。。




アカハタ、キジハタにおける長ものワーム活用術
基本はリフト&フォール
リフトの大きさでアカハタとキジハタを釣り分ける。
ジャコバグやキャラメルシャッド3.5インチのようにマッチザベイトを
意識するというよりシルエットで刺激をして攻撃させるイメージです。
もう一つ有効な使い方として
根魚玉を安全な場所へ置き、潮を絡ませてユラユラ
長いボディがとにかくハイアピールしてくれます。
魚に対して長すぎると思われがちなワームですが
イカやイソメ類に比べるとそんなに違和感はありません。
以前、海で漂うイソメを玉網で掬った経験がありますがデカイ、そして長いです。
スパテラアッセンブルはマッチザベイト
個人的にはアジやメバルにも使えるタイミングがあると思っています。

もうひとつの課題、碧遠投で沖磯ハタゲーム。
碧遠投は強めのライトゲームロッドで少し無謀と思われますが
個人的に実績があり、システム次第では戦える確信があってのチャレンジでした。
今回チャレンジした理由は
スピニングタックルでハタが釣りたかったということと
今後スピニングタックルという選択肢ができることで
沖磯ハタゲームロッドに何が必要なのかがハッキリ見える
そのための碧遠投チャレンジでした。
パワー不足で根に潜られても出てくるまでじっくり待てるように
リーダーにアシストリーダーを結び対応しました。


アシストリーダーは根ズレ切れ防止だけではなく
飲まれてリーダーに歯が当たって切れるということも防いでくれます。
ワームを送り込んでフッキングさせたり、巻きで食わせる際に有効になります。
根がかりしてラインが切れてしまう時も切れる場所を調整することができます。
本当は根がかりさせない、しても外すことが大前提ですが
どうしようもないときに様々な無駄をなくしていけます。
この日碧遠投で釣り切ることで必要なものがハッキリしました。
釣り方で個人差はあると思いますが
掛けて瞬時にボトムを切れるバットパワー
ボトムが切れれば手前までおとなしいことが多いハタですが
根が見えると恐ろしいパワーで突っ込みます。
それをいなす粘り
そして手前まで寄せたあとに訪れるブレイクラインをかわすための長さ
どんなにパワーがあっても地形しだいではブレイクラインのエッジに
メインラインが擦れて切れるということが起こりえます。
磯での釣りで特に注意すべきはこのブレイクラインで
エッジをかわすルートを事前に確認する必要があります。
磯でのハタゲームに関してはやはり長さが武器です。
今回の碧遠投チャレンジで欲しいモノがハッキリ見えました。
次はオオモンハタで色々遊びたいです。
居れば釣れるハタゲーム
単純なようで意外とテクニカル
デカイ魚を釣るにはそれなりの準備と技が必要です。
キャラメルシャッド3.5インチとネコメタル29g
サイズも安定して大型が釣れました。




とにかく楽しい!この一言につきます。

《使用タックル》
ロッド:碧遠投
リール:ツインパワーC3000
ライン:PE 1.5号
リーダー:フロロ 3号
アシストリーダー:ナイロン 30lb(30?50センチ)

プロフィール

名前
多田 勝
居住地
佐賀県唐津市
出身地
大分県宇佐市
自己紹介
玄海灘という恵まれたフィールドで、食指の赴くままに旬の魚を追いかける。メインターゲットはアジだが、時期によってはブリ、ヒラマサなどの大型魚もターゲットにする自称マルチアングラー。
メインフィールド
唐津呼子を中心とした北部九州エリア
得意な釣り
ライトゲーム