海太郎釣行レポート『オフショアライトゲーム』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 多田 勝 > 海太郎釣行レポート『オフショアライトゲーム』

海太郎釣行レポート『オフショアライトゲーム』

多田勝の最新記事

多田勝の記事一覧を見る

ヒラマサや真鯛で有名な玄界灘、有名すぎる玄界灘
普段通っている波止や磯のちょい沖
近所の海がこんなに豊かだったとは。。。盲点でした。

朝一はネコスピンで魚の活性を確認

魚の居場所、小魚の捕食が確認できてからはレベリングヘッドでジグ単の釣りへ

最高のロケーション
行くのに危険を伴う磯やそもそも行くことができない磯を沖から攻める贅沢
積極的に責められていないポイントは魚影が濃い!
入れ食い状態で時間が経つのを忘れてしまいました。

今回の釣行ではジグヘッドにひと工夫

まず目には紫外線発光が効果的という話の検証
小さい夜行玉を半分に切って装着しました。
付けても付けなくても効果がわからないほどの入れ食い。今後の楽しみが増えました。
ただ、ワームの刺さりが浅くなり、動きが大きくなるようです。
ベイトが多い中でワームを選んで捕食してもらう。かなり目立っていたと思います。

サイズアップを狙い3インチを投入するもサイズ関係なく食ってきました。
途中アジのライズを見つけネコメタルを投げるもメバルが先に食ってくる状況。

MAX28センチもネコメタルでした。

メバルに飽きたら近くの岩礁エリアでロックゲーム
根魚玉とスーパースティックでカサゴが遊んでくれました。

竿一本で、近所で、手軽に出来るライトゲームですが、
普段やっている場所を沖から攻めてみると新たな発見があり刺激的です。
たまにはオフショアライトゲームいかがですか?
船も探せば結構あるもんです。
なければ?更にチャンスです!

タックルデータ
《使用タックル》
ロッド:碧 ライトゲーム・遠投
リール:インスパイラ2500S
ライン:pe 0.2号
リーダー:フロロ 0.8号

今回はレギュレーションを決めて食べる分だけ持ち帰りました。
大分のメバルと香りが違う唐津の海の香り。
皮が少し厚かったのは季節的なものなのか・・・
とても美味しかったです。
日中中心に展開した今回の釣りですが、夜ならどうなるのか。
楽しみが増えました。

プロフィール

名前
多田 勝
居住地
佐賀県唐津市
出身地
大分県宇佐市
自己紹介
玄海灘という恵まれたフィールドで、食指の赴くままに旬の魚を追いかける。メインターゲットはアジだが、時期によってはブリ、ヒラマサなどの大型魚もターゲットにする自称マルチアングラー。
メインフィールド
唐津呼子を中心とした北部九州エリア
得意な釣り
ライトゲーム