『海太郎で遊ぶお手軽ライトロックフィッシュゲーム。』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 森 崇行 > 『海太郎で遊ぶお手軽ライトロックフィッシュゲーム。』

『海太郎で遊ぶお手軽ライトロックフィッシュゲーム。』

森崇行の最新記事

森崇行の記事一覧を見る

今回のレポートは、海太郎アイテムで遊ぶライトロックフィッシュゲームの今年の状況報告です。

三重県で、初夏から晩秋にかけての人気ターゲットのライトロックフィッシュ。


オオモンハタやキジハタなどのハタ類に、ガシラやソイと言った多彩なターゲットを狙って楽しむ事ができ、足場の良い港湾部などのエントリーしやすいポイントでもデイゲームを中心に数釣りを楽しめるとあって、ライトソルトゲーム入門者にもオススメなターゲットです。


ジャコバグやキャラメルシャッド3.5インチなどを用いて、様々なリグやアプローチの仕方で楽しむ事が出来ます。

漁港などの岸釣りでも30センチを超えるオオモンハタやマハタがヒットする事もあり、豪快な引きを楽しむ事も出来ます。

今年発売となったスイミング根魚玉やカタクチワームでも、すでにオオモンハタをキャッチする事が出来ています。


基本的なアプローチの仕方について。

着水後、ボトムまでリグを沈めてリトリーブしたりボトムバンピングしたりとさまざまなアクションで魚からの反応を得ることが出来ますが、オオモンハタ狙いの場合は、リトリーブにもよく反応するので、リグのトレースコースはそのままに、リトリーブスピードに変化をつけて探って行くのも有効ですね。

また、ネコメタルにも反応が良い時もあるので、ショートピッチジャークやリフト&フォールなどのアクションで反応を探って行くのも面白いですね。


ワームでもネコメタルでも、ヒットする魚の大きさがルアーサイズに比例するわけでは無いようなので、今回紹介させて頂いたアイテム以外の海太郎アイテムも含め、思い思いに手軽なライトロックフィッシュゲームを楽しんで頂ければと思います。
最後に、小物用品について。

オオモンハタやマハタなどのハタは、鋭い歯が生えています。
口も大きいため、ついついバス持ちしてしまう事もあるかと思いますが、非常に危険なので、フィッシュホルダーなどを用いて安全に対処出来るよう準備しておくと良いかと思います。

(画像007)

海太郎アイテムでの釣果情報など、釣行中や釣行直後の新鮮な情報をSNSで不定期発信しています。
フィールドレポートと合わせ、三重釣行の際にお役立て頂ければ幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

森 崇行

プロフィール

名前
森 崇行
居住地
三重県
出身地
三重県
自己紹介
アジング・メバリグなど、岸釣りで手軽に遊べるライトソルトゲーム全般が好きで、季節ごとの旬な釣りものを求め、暇さえあれば釣り場に足を運んでいます。"せこ釣り"のバス釣りも好きです。
メインフィールド
三重県(鳥羽~南伊勢エリア)
得意な釣り
アジング・メバリグなど、岸釣りで手軽に遊べるライトソルトゲーム全般。"せこ釣り"のバス釣り。
フェイスブック
https://www.facebook.com/takayuki.mori.336