11月11日『最近流行の?ムツゲーム!!』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 中村 拓水 > 11月11日『最近流行の?ムツゲーム!!』

釣行日:11月11日

広島エリアで。。。というよりも私の周りで
のみかもしれませんが、最近流行っているムツゲーム。
前回のレポートと同様にまた狙って参りました。

船から水深200mラインの深海で成魚を狙うそれとは違い、
私たちが狙うのはこの時期に港湾部に集まる最大30cm
までのムツの幼魚。

ライトゲームに精通しておられる方であれば、
アジやメバル狙いの際に外道として釣れる事がある、
という認識があったかもしれません。
かく言う私もその中の1人でした(笑)

その外道でしかなかったターゲットを真剣に狙ってみよう、
という事で最近私の周囲のアングラーや地元の釣具店では
にわかに盛り上がりを見せています。

このムツという魚。
地域によってはクロムツとも呼ぶようですが、おそらく
私たちが釣っているのは厳密には普通のムツだと思います。
港湾部で釣れるサイズは最大で30cm程度なのですが、
何が面白いかというとまずその引き。
アジやメバル用のライトタックルで釣るため、30cm前後の
サイズとなるとそれなりに引きます。

次に、ゲーム性の高さ。
日中は水深10m前後のラインで10g程度までの比較的
軽量なメタルジグやスピンテールジグなどでテンポ良く
探ると好反応だったり、夜間はジグヘッド単体から
ハネエビの様なリアクションの釣りまで様々な狙い方が
出来ます。日によってその反応が違うのでそれを
探すのもまた楽しい。

そして最後に味の良さ。
私はメバルの煮付が大好きなのですが、このムツは
幼魚ながらそのメバルを凌駕する旨味を持っており、
煮付は絶品です。煮付以外にも塩焼きや刺身、炙りなど
最近ではその味の虜になっています(笑)

前置きが長くなりましたが、今回もナイトゲームで
「釣りたい」「食べたい」という欲求を満たすべく
ムツを狙ってきました。

ポイントに入ったのが23時で納竿までそんなに余裕が
無かったため、手っ取り早く結果が得られる必殺の
ハネエビパニックから入りました。

すると、1投目から。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もうね、コレ反則です(笑)
何度もやってしまうと流石にスレて反応が悪くなりますが、
バージンインパクトは強烈でどんな場所でも最初の
数投は何かしらの反応が得られます。

同じストレッチを少しずつ移動しながらとりあえずの
5匹をキャッチし、お土産確保のミッション完了。
ボウズは無くなったので残りの時間を様々な
検証に充てます。

次に前回訪れた際のヒットパターンだった軽量
ジグヘッド単体のサブサーフェイス速引きを試しました。
シルキーシャッドのクリア+レベリングヘッド0.5gに
チェンジして表層直下を引きます。
ところが、この釣り方だと直前までチェイスがあるものの
最後の最後でルアーに食いつきません。。。

そうこうしていると同じレンジに浮いている良型のメバルが
好反応で、これはこれで楽しい釣りが楽しめますが。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ムツが釣れない事に我慢出来なかったので、再度
ハネエビパニックで狙うと、、、ズドン!

%e5%86%99%e7%9c%9f3
(単独釣行だったので上手く撮れずにスミマセン・・・)

う~ん、反則(笑)
しかし、ここで気付いたのがハネエビのカラー。
手持ちのハネエビはクリアレインボーとピンクの2色。
ハネエビパニックでも1色ずつ2つのカラーを同時に
使っていましたが、喰ってくるのはピンクの方ばかり。
フックの位置のせいとも思いましたが、位置を
変えて検証しても釣れるのはピンクばかり。。。

これは、、、と思い、シルキーシャッドのカラーを
ピンクにチェンジしてトレースすると、、、

ズドン!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日がたまたまそうだったのかもしれませんが、
ピンクやオレンジのような暖色系のカラー、または
グロー入りのカラーにバイトが集中しました。

特に、ボトムからジグヘッドをスローに巻き上げる
釣り方ではカラーの差が顕著に現れました。
ムツを上から見ていると、極端に光を嫌う傾向が
ある事はわかってましたが。。。光るものには
興味があるのか???

もう少し検証が必要ですが、中々面白い結果でした。
このパターンで納竿までに15匹のムツをキープ
する事が出来ました^^

さて、前回同様この魚は帰ってからも楽しい!

%e5%86%99%e7%9c%9f5

今回は同時に仕入れたメバルと煮付で食べ比べ。
身の味についてはメバルの方が濃いですが、
脂から出る旨味はもうムツのもの!本当に美味しいです^^

釣ってよし、食べてよし。

瀬戸内海のような内海には居ない?ようですが、
日本海や太平洋沿岸では釣れるようですので
身近にそういったポイントがある方は是非!
狙ってみて損は無いターゲットだと思います^^

【タックルデータ】

(ハネエビパニック&メタル&レベリングヘッド単体ボトム)
ロッド:7.3フィート ライトゲームロッド
リール:ダイワ 2000番
ライン:PE0.4号
リーダー:ナイロン6lb

(表層レベリングヘッド単体)
ロッド:6.6フィート ライトゲームロッド
リール:ダイワ2000番
ライン:フロロカーボン2.5lb

プロフィール

名前
中村 拓水
居住地
広島県広島市
出身地
広島県広島市
自己紹介
広島県広島市出身、広島市在住の33歳。メインフィールドである広島県西部の島嶼部、山口県東部、島根県西部にてメバル、アジを筆頭にアオリイカ、チヌ、シーバス等、ライトタックルで狙えるフィッシュイーター全般をターゲットにしています。得意な釣りは20m程度までの岸釣りではディープレンジとされる層で軽量スプリットリグを用いたメバル・アジ釣り、また、ハードベイトを用いたメバル釣りです。一誠製品の魅力を精一杯伝えていきたいと思います
メインフィールド
広島県島嶼部(呉エリア)、山口県東部、島根県西部
得意な釣り
ディープレンジでの軽量スプリットリグ、ハードベイトを用いたメバル釣り
ブログ
『Wonderful Opportunity!続・岸組日記的な釣りブログ』
http://kishigumi3rd.naturum.ne.jp/
(HN:スパイク)