『春の三重県で日中アジング』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 森 崇行 > 『春の三重県で日中アジング』

『春の三重県で日中アジング』

森崇行の最新記事

森崇行の記事一覧を見る

釣行日:3月21日
今回のフィールドレポートは、アジング。

個人的に、アジングと言えば夜釣りのイメージが強く、日中のアジングには苦手意識があります。

ですが、

そんな日中のアジングを手軽に楽しめるポイントを探すべく、三重県内でも比較的アジの魚影の濃いエリアへ何度か通っているうち、運よくアジの群れに遭遇し、苦手意識も忘れるくらい手軽に釣りを楽しむ事ができました。

当日の様子を交え、春の漁港で遊ぶ、お手軽おかっぱり日中アジングをレポートします。

ポイントに到着したのが14時。

すでにたくさんの釣り人が釣りを楽しんでいて、常に誰かの竿が曲がり、サビキ釣りの仕掛けにもたくさんのアジが掛かっている状況で、自ずと期待が高まります。

まずは、ネコメタル3gで広範囲を探ってみたところ、残念ながらネコメタルには反応がなく、周辺の水深をチェックしただけとなりました。

アジからの反応は無かったものの、ネコメタルを使用した事で手早くおおよその水深などを把握でき、次の展開の糸口になる多くの情報を感じとる事ができました。

そう言った理由もあり、日中の釣りではネコメタルから釣りを始め様子をみるようにしています。

もちろん、魚がヒットする期待をもってネコメタルを選択しています。

一通り探ったところで、ネコメタルからジグヘッド単体に交換。

日中だからコレと言う考え方は持たず、夜釣りと同様にカラーローテーションも含め、さまざまなアプローチの仕方を試して行くと、ボトム付近でアジがヒット。

当日は、リグのフォールアクションにアジがよく反応してくれました。

ハンドル3回転分ほどリトリーブしてフォール。

着水してラインメンディングしてそのままフォール。

チョンチョンと小刻みにシェイクしてからのフォール。

何れにしても、スパテラ(またはシルキーシャッド)2インチのフォール姿勢を安定させる程度までラインテンションをかけ、カーブフォール気味にフォールさせた時にバイトが出る事が多く、パターンにハマると連続ヒットもあり、想定外に数釣りを楽しむ事ができた釣行となりした。

常夜灯の灯りによりできる明暗部など、夜釣りに比べ目で見てわかる変化が少ないため、日中の釣りはどこを狙ったら良いかわかりにくい。

闇雲にキャストしてアジを探すのも一つの方法ですが、漁港の潮通しの良いところや、ミオ筋と言った変化のあるところ、ベイトとなる小魚などが多くみられるところなどを中心にアジを探して行くと、魚をみつけやすいと感じました。

余談ですが、そう言った人気ポイントには先行者がいる事や、他の釣り人とタイミングがかぶる事が多いのも事実です。
釣り場は広いので、釣り人同士のほんの少しの気遣いで無用なトラブルを無くして釣りを楽しんで行きたいですね。

昼夜問わず、足元の堤防の基礎石周辺はアジの回遊ルートになっている事も多い印象です。

当日も、ほとんどキャストせず、岸際1mまでのシェード部分を狙うイメージで、バーチカルに探って行くと反応が得られる事もありました。

この場合は、スパテラのフォールスピードに意識しながら釣りを展開して行ったのですが、フォールスピードが早すぎると当たりを取りづらく感じたので、張らず緩めずのテンションでフォールさせて行くと当たりも取りやすくなりました。

当日の釣行を通して、日中の釣りは、夜釣り以上にスピードやレンジがシビアになる印象を持ちました。

視覚的にも楽しむ事が出来るのも日中の釣りの魅力の1つ。

ファイト中はもちろん、チェイスやバイトの瞬間を見て楽しむのも、魚を掛けてからの竿の曲がりを見て楽しむのも良いですよね。

過去にも、同じポイントには何度かエントリーした事もありましたが、2時間粘ってもバイトすら無く、諦めて納竿することあったりと、決して良い印象のポイントでは無かったのですが、釣行当日は、風もなく春らしいポカポカと暖かい日で、快適に手軽に釣りを楽しむ事ができました。

やはり自然相手、ポイントに行ってみないとわからないものですね。

ジグヘッド単体での、近距離でも充分楽しむ事ができましたが、ライトキャロなどで沖の深場を狙う釣りも次の機会に試してみたいと思います。

春のアジングシーズンに手軽に楽しむ日中アジング。
最寄のポイントで、海太郎アイテムで、是非是非、挑戦してみて下さい。

海太郎アイテムでの釣果情報など、釣行中や釣行直後の新鮮な情報をSNSで不定期発信しています。
フィールドレポートと合わせ、三重釣行の際にお役立て頂ければ幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

森 崇行

プロフィール

名前
森 崇行
居住地
三重県
出身地
三重県
自己紹介
アジング・メバリグなど、岸釣りで手軽に遊べるライトソルトゲーム全般が好きで、季節ごとの旬な釣りものを求め、暇さえあれば釣り場に足を運んでいます。"せこ釣り"のバス釣りも好きです。
メインフィールド
三重県(鳥羽~南伊勢エリア)
得意な釣り
アジング・メバリグなど、岸釣りで手軽に遊べるライトソルトゲーム全般。"せこ釣り"のバス釣り。
フェイスブック
https://www.facebook.com/takayuki.mori.336