1月7日『広島湾のボートゲーム!!』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 中村 拓水 > 1月7日『広島湾のボートゲーム!!』

釣行日:1月7日

2017年の釣りぞめは広島湾のボートゲームへ行って参りました。

3月頃にも同じポイントへボートで出撃しましたが、
前回と違って今回はスポーニング前後の魚が絡むシーズン。
タイミングによってはポスト~アフターの魚が混じって
非常に釣りにくくなることも。
新年1発目の釣りはイージーであってくれ…と願いながら
ポイントへ向かいます。

ポイント到着後、今年の1匹目はスパテラで!と決めていたので
スパテラ2インチのジグヘッド単体を投入すると。。。

船専用に購入したフルグラスソリッドのショートロッドが
バットからぐにゃりと曲がります^^

上がって来たのは良型のメバルでした。

今日はかなり当たり日か?と思いながら手返しの良いプラグに
変更してキャストを続けますが、ポツリポツリとは釣れるものの
イージーというほどの釣れ方ではありません。
しかも表層系のプラグではいまいちサイズが上がりません。

状況を変えるため、少しポイントを移動したところで同行者に
良型がヒットした事をヒントに攻め方を変更。

基本に忠実なジグヘッド単体、しかも普段はあまり使わない1.75gと
少し重た目のサイズで不用意なアクションは加えない、いわゆる
「タダ引き」で1.5m~2mくらいのレンジを攻めます。

すると、通常のメバル釣りのそれとは何か違う、「モゾッ」という
ような違和感が。一応竿で聞いてみると、ズッシリとした重みが!
上がってきたのはこれまでと違う20cm絡みの良型メバルでした^^

同行者によると、船でのアタリは波による上下運動で岸からの
それと違って弱い(人間が感じにくい)ことが多いとの事。

それ以降、その弱いアタリに注意しながら、同じポイントで雨が
降ってくるまで同様のパターンで狙い続け、多くのメバルを
釣り上げることが出来ました^^

写真の生け簀はまだ途中経過で、リリースした数を含めると相当数の
良型メバルを捕獲。
今回のキモは「同じレンジを一定のスピードで引く」だったと思います。
そういう意味ではレベリングヘッドのレンジキープ力に非常に助けられた
釣行となりました。

ちなみに今回のスパテラのカラーはFacebookでスタッフのいそのさんが
おススメされていた「クリアパープル」に加えて最近個人的に好きな
「カブラ」の2色のみで通しました^^
明暗部では「クリアパープル」、暗部では「カブラ」と使い分ける事で
それぞれ威力を発揮したと思います。

個人的に普段あまり使わない1.75gでしたが、今回は殊勲賞。
困ったときは基本に立ち返る!これを実践して良い思いが出来た
2017年の釣りぞめでした^^

プロフィール

名前
中村 拓水
居住地
広島県広島市
出身地
広島県広島市
自己紹介
広島県広島市出身、広島市在住の33歳。メインフィールドである広島県西部の島嶼部、山口県東部、島根県西部にてメバル、アジを筆頭にアオリイカ、チヌ、シーバス等、ライトタックルで狙えるフィッシュイーター全般をターゲットにしています。得意な釣りは20m程度までの岸釣りではディープレンジとされる層で軽量スプリットリグを用いたメバル・アジ釣り、また、ハードベイトを用いたメバル釣りです。一誠製品の魅力を精一杯伝えていきたいと思います
メインフィールド
広島県島嶼部(呉エリア)、山口県東部、島根県西部
得意な釣り
ディープレンジでの軽量スプリットリグ、ハードベイトを用いたメバル釣り
ブログ
『Wonderful Opportunity!続・岸組日記的な釣りブログ』
http://kishigumi3rd.naturum.ne.jp/
(HN:スパイク)