8月5日『夏の玄界灘』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 多田 勝 > 8月5日『夏の玄界灘』

8月5日『夏の玄界灘』

多田勝の最新記事

多田勝の記事一覧を見る

釣行日:8月5日

イワシの接岸が始まりました。ネコスピン大活躍です!
01
02
リトリーブではアジやシーバスが応えてくれました。
03
04
05
06
リフト&フォールではイトヨリやネンブツダイなど、様々な魚が顔
を見せてくれました。
食べているモノの違いや、同じイワシでも泳ぐイワシと弱って落ち
るイワシの違い等を意識すれば色々な誘いの引き出しが出来ます。
根がかりしない地形であればボトムに立てたり、潮流にのせて転が
したりしても面白いと思います。

ここまでは梅雨が明けるまでの話。。。
梅雨が明けてからはさっぱり。
ベイトは大量に接岸するも捕食者が不在なようで、来るべき場所に
来るべきものが来ない状況が続いています。
少し荒れれば好転すると思いますが。。。
来るとめんどくさくても、台風が恋しいです。

そんな状況でも楽しめるのがライトゲームのいいところ
07
08
今年生まれた新生児をリアクションで仕留めたり、一年生魚をじっ
くり誘って食わせたり、サイズはでないもののそれなりに遊んでも
らえます。

豆アジを狙う際はクリアやチャートを多用し、とにかく目立たせて
リアクションを狙っていましたが、ダーク系のカラーを使い外灯の
明かりを利用してシルエットをはっきりさせることで、反応が倍増

することもあるようです。
09
10
11
吸い込み力が弱い豆アジが相手の場合、使い古したワームをカット
して使用することも効果的です。スパテラテール1インチはかなり
効きます。
アジが集まる場所ではゲストも登場してくれます。

12
クリアカラーでヒラスズキ。
夏の好ターゲット、ライトタックルでハタゲーム
各地で釣果情報が上がっていますが玄界灘エリアも、ショア、オフ
ショア問わずしっかり釣れています。

13
ジグヘッド&ワームで結構簡単に釣れてしまいます。
ちょっと面白みが足りないので色々試しました。

14
15
タコエギシンカーを使用したジカリグを組み、オフショアにて使用
しました。結果は出ませんでしたがもう少し検証していきます。
ベラやフグが多いと辛いですね。

更に試したいことを一つ。
16
ザリメタル9gアシストフックカスタム
アシストフックは、がまかつのベイトプラス#6を使用しました。
長さが絶妙でボトムに立てた際にフックがボトムに触れないため、
根がかりがとても少ないです。
オリジナルのフックでもいいのですが、変化が欲しい時にオススメ
です。

17
使い方はリフト&フォール
ちょっと変わった動きをするジグな立ち位置。
リフトのスピードと幅とリズム、フォールのテンションでイレギュ
ラーな動きを演出できて、かなり楽しむことができました。
使いどころは水深20Mくらいまでのボートゲーム。
根が荒く流れがある場所で、駆け上がりや駆け下がりなどの地形変
化に富み、ネコスピンで攻め辛い場所でもボトムが取れてストレス
が少なかったです。
状況次第でメインになるルアーだと思います。一つ持っておくと更
に面白いと思います。
プラグの可能性もありそうなので引き続き遊んできます。
ショアについては検証中です。

今年の夏も楽しくなってます。
《使用タックル》
ジグヘッド単体
ロッド:オリジナルチタンティップロッド5.7ft
リール:ルビアス1003
ライン:ナイロンライン 0.5号
リーダー:フロロ 0.8号

プラグ、ジグ
ロッド:リアルクレセント 81LR
リール:ツインパワー C3000
ライン:pe 0.6号
リーダー:フロロ 4号

プロフィール

名前
多田 勝
居住地
佐賀県唐津市
出身地
大分県宇佐市
自己紹介
玄海灘という恵まれたフィールドで、食指の赴くままに旬の魚を追いかける。メインターゲットはアジだが、時期によってはブリ、ヒラマサなどの大型魚もターゲットにする自称マルチアングラー。
メインフィールド
唐津呼子を中心とした北部九州エリア
得意な釣り
ライトゲーム