1月26日『厳冬期マダイ釣行‼』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 和田 広輝 > 1月26日『厳冬期マダイ釣行‼』

釣行日:1月26日

みなさんこんにちは。
もう今や寒いを通り越して肌が痛い季節になりましたね。短時間で竿を持ってる感覚が無くなる程の冷え込みとなりました。
そんな中、しまなみ、瀬戸内ではHOTな釣行です。
本来、春からシーズンに入り初冬あたりまで幅広い範囲で
よく釣れるマダイ。
タイラバ等でオフショアからも人気のターゲット魚ですが、この真冬の厳冬期にショアから狙えちゃいます。
マダイは水温が下がれば沖に身を潜め、ほぼ冬眠状態とも言えますが、逆にシャローに上がって来るエリアがあります。
それはサーフエリア。
単にサーフエリアと言っても理由が無いとマダイは入ってきてくれません。

元々はメバル狙いにハネエビでサーチした時、事故的にかかったのがマダイ。しかもコンスタントに釣れるので、これはネタになると思い結果を探し始めました。
釣れたマダイを食すのに捌いた所、腹から出てきたのはかなりの数のエビ。
確かこの辺りのサーフエリアにはエビの生息が盛んなことから結果に結びつきました。

冬場にサーフでマダイ?しかもシャロー??
と、疑問を抱きっぱなしでしたが、再度 理解した上で改めてサーチしました。

全体的に水深3mも無いような所へハネエビをキャスト。
景気良くハネエビを動かすと食わなかったので、ほぼズル引き状態で砂煙りを舞うようアプローチ。すると、竿先から伝わる何かに引っかかったような重み。それをアワせると、生命反応有りの豪快なヒキに変わります。

パターンがわかればハマります(笑)


砂に潜ったり浮遊しているエビを狙いに捕食していることは間違いなさそうです。

毎回かなりの数で釣れますが、いくら捕食しにシャローに上がってるとは言え、厳冬期にこの現象は不思議です。
ですがその反面、季節関係なく捕食しに上がってくるマダイがショアから狙えるのはアングラーにとって楽しくて仕方ありません。

しかも、、、

エビ(ハネエビ)でタイを釣るんですから(笑)

プロフィール

名前
和田 広輝
居住地
愛媛県今治市在住
出身地
大阪府高槻市
自己紹介
魚の為なら何処へでも駆け巡るマルチアングラー
メインフィールド
日本海(丹後エリア、若狭エリア)淡路島エリア、しまなみエリア
得意な釣り
ライトゲーム全般