1月10日『冬は冬でライトゲーム!!』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 多田 勝 > 1月10日『冬は冬でライトゲーム!!』

釣行日:

一誠 海太郎釣行レポート

冬は冬でライトゲームが楽しいですね。
年末年始でドタバタ
冷え込みが厳しくて夜通し釣りをすることが辛くても
近場で短時間でも昼夜問わず楽しめてしまいます。

日中の漁港奥で豆アジ
1g以下のレベリングヘッドでスローに誘って。
フグの猛攻にあうようなら動きを止めずリアクションバイトを意識すると
うまくかわせます。


根魚玉に切り替えて港内のミオスジ、ストラクチャー、かけ上がりを丁寧に探ると。。。

最近数が減ってきていますが、安定のカサゴ。
堤防の際、足元をハネエビで探ると。。。

ホント安定。可愛いヤツです。
更にカサゴっぽいアナハゼ。

防波堤の角やスリットなど潮の変化があるところでは
嬉しいサイズのタカバやキジハタも顔を見せてくれました。

13

水深が1M以内でも丁寧に探れば小さいですが魚は応えてくれます。
1g以下のレベリングヘッドに切り替えて根がかりしないように気を付けて。

サイトなので捕食の瞬間がみえてこれはこれで楽しい。。。
夜は漁港の灯りについた豆アジに遊んでもらえます。

しっかり腰を据えてのガッツリゲームは改めて。
今の時期は短時間のライトゲームが心地よく楽しめます。

番外編
年末大分?愛媛へ遠征してきました。

根魚玉でアカハタゲーム
AKチャンクでデッカサゴ
根魚玉手放せなくなりました。

新年1本目レポートもうしばらくお付き合いください。
碧IUS-70 ULS-HN 「ハネエビ」について

半年ほど使い込みました。僕なりの感想を書きます。
村上さん曰く、だるくて面白い竿。
まさにその通り!
ハネエビの名を冠していますがダルさが最初は気になります。
シャッキリした竿を使ってこられた人には少し慣れが必要です。
僕も落ち着くまで少し時間がかかりました。
僕のようにその場の状況、思いつきで色々やっちゃうアングラーにはかなりフィットします。
かっこよく言ってますが、めんどくさくて一本で済ませたいだけです。
この竿ジグヘッドもジグもプラグも一本でなんでもできちゃうんです。
最近ではツツイカエギングに活躍してくれています。

不意の大物にもしっかり対応してくれます。
ヒイカ狙いでかけた手長ダコも


年末の愛媛では
まさに不意、ランカーヒラスズキにも負けませんでした。


ラインが細くて時間がかかり、ジグヘッドが先に変形してしましましたが
竿には不安がなかったです。

この時となりで見ていた友人には
バットまで使えていないと指摘を受けました。
使用ラインはPE0.15号、ラインに不安がありドラグは緩め。
友人の指摘通り自覚がありました。
「不意の大物」なのでその時のターゲットに合わせたバランスでいいと思いますが、
気持ちよく曲げて気持ちよく釣りをするにはPE0.3号からが丁度いいです。

苦手な魚種もあります。
カマス。
問題なく釣れるのですが、カマスの首振りで竿がかなりバタつきます。
結果バラシが多くなります。
今の所、そのバタつきに遭遇したのはカマスだけなのでなんとも言えませんが
固くもろい口に小刻みな首振り。。。苦手ですね。

竿一本とバッカンだけ持って空いた時間でライトゲーム
状況見て色々やりたい。
そんな時に持っていきたい竿です。

用法・容量を正しく守ってお使いください(笑)↓
LURE:0.5g-7.0g LINE:2lb-5lb

プロフィール

名前
多田 勝
居住地
佐賀県唐津市
出身地
大分県宇佐市
自己紹介
玄海灘という恵まれたフィールドで、食指の赴くままに旬の魚を追いかける。メインターゲットはアジだが、時期によってはブリ、ヒラマサなどの大型魚もターゲットにする自称マルチアングラー。
メインフィールド
唐津呼子を中心とした北部九州エリア
得意な釣り
ライトゲーム