4月18日『メバルから見放された男』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 梶谷 浩士 > 4月18日『メバルから見放された男』

大変ご無沙汰しております。
すっかり忘れ去られた男 かじたに です。
何もしてなかった訳じゃないんです、泉南、尾鷲、南紀と釣りには行ってたんですよ。

釣れなかったんです!!!!

よぉ釣らんかったんす!!!!

釣り方を忘れてしまったんですっ!!!!

怒涛の8連続ボーズを喰らってました・・・
まあ、1月下旬から3月にかけては、シャローからメバルが居なくなるので釣れなくてもおかしくはないんだけど、さすがにこれだけボーズが続くと凹みましたよ、えぇ。

先日、兵庫県南西部へバスのオカッパリトーナメントに行った帰りに、明石大橋を渡り淡路島へ行ってきました。

とは言え、淡路島のポイントは漁港ぐらいしか知りません。
マメバルを釣りに来た訳じゃないし・・・目標は20cm以上のみ!

とりあえず、淡路島に来たならここからスタートです!

たまねぎの天ぷら♪旨っ♪(えっ!?そこ!?)

明るいうちに、フロートを大遠投できるサーフ、テトラエリアなど数ヶ所をチェック。

陽も沈み、まずはサーフエリア。
数百mあるサーフを、巻いたり流れに任せたりして流しますが異常ナシ。

絶対にココやろ!と感じたポイントへ移動。
が・・・しかし・・・漁船が操業中。。。

泣く泣く、すぐ近くのポイントへ移動。
明石海峡特有の速い潮が澱むテトラと小さな地磯。
15gのフロートに70cmにリーダーをフルキャスト。
一投目から“コツっ”とアタリ。
居る!!!!
それから数投目に・・・ノッた!

・・・ちっちゃ!
15cmに満たない、まさかの漁港サイズ・・・

この後も同じサイズが3本続き・・・
居るのは居るけど何がズレてる!?
棚が違うんか!?

フロートとジグヘッドのバランスを取り直してみることに。
飛距離を犠牲にして、7gのフロートにチェンジ。
これで多少は棚が下がるハズ。

数投目に、コン!とかなり明確なアタリ。
ワームのサイズか?カラーか?
スパテラ2inc.から2.5inc.にサイズを上げて、ピンクからシラスレインボースイッチ。
が、アタリすら出ない。
ボンヤリしたクリア系からクッキリと輪郭のでるカラーは・・・
おましたわ・・・鯛ラバトレーラーが!
灯が無いところでは輪郭クッキリなカラーが有効的(なハズ)。
おまけにカニ・エビの臭いも効果的ちゃうか?岩場やし。

すぐにゴツン!と重み!
急流で育ってる魚はパワフル!

23~24cmのしっかり捕食してるであろう太ったメバル。

キミですよ~あなたに逢いたかったのです♪

後が続かないので、レベリングヘッドを0.75gにスイッチして微妙に棚を下げてみます。
ボトムに近いのか時折り岩にノック。
すると、ガツン!と引ったくっていきました。

少しサイズアップ。
気持ちのいいアタリから曳き。

数こそ出なかったものの、狙って釣れたことで満足な釣行となりました。

まだまだ試行錯誤中のフロートに釣りですが、今回の棚を探る方法で少し見えてきたかな・・・と。
ホームの泉南エリアも釣れ始めたようなので、じっくり時間を掛けてイロイロ試してみようと思います。

せやけど、鯛ラバトレーラー、えぇわ。。。
外せんようになってしもた・・・ぼそっ

【使用タックル】※フロートリグ(15g/7g)リーダー70cm
■ルアー
・issei海太郎スパテラ2inc.(大阪湾御用達カラーピンクグロー)
・issei海太郎スパテラ鯛ラバトレーラー(アカキン/クロキン)
■ジグヘッド
・issei海太郎レベリングヘッド0.5g/0.75g

■ロッド
・DAIWAハートランド762MMLFS-08白震斬
■リール
・Abuガルシア Revo NEOS2500S
■ライン
・PE0.5号(リーダー:フロロ1.75号)

プロフィール

名前
梶谷 浩士
居住地
大阪府堺市
出身地
大阪府
自己紹介
『身近で手軽に楽しく』をモットーにルアーライフ満喫しているアラフィフの「ミドル世代」アングラーです。歳を重ねるにつれ、バストーナメントやエリアトーナメントなど競技的フィッシングライフから、空いた時間にゆったり楽しむスタイルに変わってきました。(今なお、オカッパリのバストーナメントには参戦してますが・・・)あちこち身体にガタもきてますが、無理せず程々にisseiアイテム片手にフィッシングライフを過ごします!
メインフィールド
大阪泉州~和歌山南紀
得意な釣り
ジグ単による棚を刻んだ「巻き」
ブログ
きょうもかじやん「萌える釣魂」
http://kaziyan-no-fisinglife.blog.jp/