『フロートを使ったアジング』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 阪中 豊博 > 『フロートを使ったアジング』

和歌山の阪中豊博です
今回はフロートを使ったアジングです

今回釣りをしたポイントではこのフロートで釣るアジングがポピュラーな釣り方になります

このエリアでのフロートの釣りは単純に飛ばすっていうことでなく(もちろん飛ばす事で広く探れるのは利点です)

ポイントが遠浅なので
沖のブレイクをアジが回遊しているという状況が多いことや
かけあがり後の浅瀬に差し掛かったあたりからウィードが増えるのでそれらへのリグの根掛かりをかわす為など沢山の使用条件があります

完全に浮くフロートにリーダーを長くとって使う方や
ジグヘッドを重くしてフリーフォールでは沈む設定でリグを組む方など色んなセッティングがあってけっこう奥の深い釣り方です

この時の私のシステムは沈むフロートでした
沈むとはいえ重りと違い浮力体もそなわっているので同じ重さの重りとくらべスローに誘えます
沈むものを使った理由は狙いの魚ではないサバが浮いていたのをできるだけかわしたかったのとブレイクの向こうでアジの棚が少し深いと考えたからです
ラインシステムは強めにしてかけあがりの海草に絡んでもラインブレイクしづらいようにしています
少し早めに巻けば浮き上がりますので、手前の浅瀬は少し早めに巻き回収です

フロートの先のルアーはもちろんレベリングヘッドとスパテラ

鯛やチヌなども釣れているのでそちら狙いであればレベリングヘッド金針などで強化したほうが無難ですが、狙いはアジなのでフッキング重視でノーマルのレベリングヘッドを使用

スパテラはサバなどの狙い以外のあたりなども考慮して2インチ 3インチをローテーションしながらカラーを探っていきました

スパテラはアクションの付けづらいフロートの先でもしっかり動いてくれます

この日もスパテラとレベリングヘッドの組み合わせは信頼度抜群の組み合わせでした

フロートやキャロなどのリグにもぜひスパテラ、レベリングヘッドをお試しください


ライトゲームタックル
ロッド:アピア グランデージライト90
リール : カーディフC3000
ライン:PE08
ルアー:issei 海太郎 スパテラ各色+レベリングヘッドヘッド075

O

プロフィール

名前
阪中 豊博
居住地
和歌山
出身地
和歌山
自己紹介
主に和歌山を北から南まで走り、ショアからのルアーゲーム全般こなします。特に磯の平スズキ 河川のシーバス アジングが最も好きでその他ライトゲーム チヌ メバル カマスやメッキなど紀州の魚種豊富な土地であらゆるライトゲームを楽しんでいます。
メインフィールド
和歌山
得意な釣り
ライトゲーム
ブログ
『水たまりでもフルキャスト~釣りと戯言・・・』
http://ameblo.jp/kishuu1091
(HN:カサレリア)
フェイスブック
https://www.facebook.com/sakana.d.o.b?fref=ts