『バス釣り感覚で楽しむハタゲーム』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 村田 勇 > 『バス釣り感覚で楽しむハタゲーム』

Newフィールドスタッフの村田勇さんのレポートをご紹介いたします。

今回は自分がこの時期にボートから楽しんでいるハタゲームを紹介したいと思います。

ハタゲームと言うと潮流が早く起伏の激しい岩礁エリアpe0.6〜1号、リーダー3〜4号を使用するイメージが高い。(オフショアの場合)

勿論そう言ったエリアでは、このぐらいのバランスでもライトな方だと言える。

闇雲に細仕掛けを使用しても力の強いハタ系は一瞬で根に入り込んでしまい、切れたルアーが魚にダメージを与える事になります。
場所、魚のサイズ、潮流、を考慮してのタックルバランスで如何に楽しむかが大切。

ではタックルの方を紹介したいと思います。

[スピニングタックル]
バスロッド、6.4ftULパワー(メバリングロッドなども可)
2000番リール(ダイワ)

peライン0.3号

リーダー1.2〜1.5号

一手スナップs

ルアー:ネコメタル3〜7g、ネコスピン5.5g、ハネエビヘッド3、5g、ジャコバグ2.8inch、スパテラ3inch、レベリングヘッド1.75g、スパテラ2.5inch

この様にショアからのライトゲームをそのまま船に持ち込んだ様なタックル。

また、ライトテキサスやダウンショット、ライトキャロなど様々な仕掛けで楽しむ事が出来るのもシャローエリアボートゲームならでは。

次に重要になってくるのがポイント選び。

ある程度の潮流があり、起伏の激しいエリアを選択せず、比較的フラットな小さなごろた石が広がるエリアを選びます。

条件的には、潮流が早い場所+その潮流の影響を受けるワンド(反転流が出来る様な場所)+ディープに隣接している事+海藻がある場所、となります。

もちろん一番狙える潮時があるのですが、各場所場所で異なる為、一概にこのタイミングが良い、とは言えません。

そんなポイントで前回の釣行でも沢山のキジハタを皆んなで楽しく釣る事が出来ました。

写真にはネコメタル29gで釣った真鯛やネコスピンで釣った黒鯛も混ざっています。

話は変わりますが、幼い頃から川や海の釣りで育ち、そのうちブラックバス釣りと言うものに出会い、この釣りの面白さやルアーに衝撃を受け、自転車で1時間近く走って野池へ通っていました。

流石に野池までの距離が少しあるので回数が減っていき、次第に家の前の海でバスルアーを使い出す。

桟橋からキャスト練習も兼ねて毎日ルアーを投げていると、色々な魚が反応したりする。

バズベイトにシーバス、クランクベイトにマハタ、スピナーベイトにヨコスジフエダイ、ラバージグにクロダイなど。

当時、ワームをハサミで小さくカットし、チヌ針にガン玉を噛ませてアジ、メバル、カサゴ、カマスを狙う今で言うウルトラライトゲームやミノー、ペンシル、ポッパーを使ったメッキやシーバス釣りは行っていたのですがバスルアーを使い出し、視野が格段に広がりました。

それからバスフィッシングの高いゲーム性をそのまま海にもっていく様になり海の魚にはどう効くのか、好きか?嫌いか?これでこんな反応してくるんだ、、、
など沢山の発見や情報源を得て魚から色んな事を学びました。

なので、自分のボートゲームの主は「バス釣り感覚で楽しむソルトゲーム」これが自分流の海釣りのテイスト。

それを今後も崩さず、海のルアーフィッシングを海太郎と共に楽しんでいきたいと思います‼︎

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

プロフィール

名前
村田 勇
自己紹介
長崎県北部でボートゲームをメインに、様々なルアーフィッシングを行っています。「海太郎」の様に、自然を感じ、海を楽しみ、海を学び、魚と戯れる事を第一に楽しんでいこうと思っています。また、海太郎製品の使い方や釣り方、魚釣りの楽しさを自分なりに皆様に伝えていけたらと思っています。
メインフィールド
長崎県北部、平戸
得意な釣り
うお釣り全般
フェイスブック
https://m.facebook.com/136murata