『ハネエビシリーズで色んな魚』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 田埜 博之 > 『ハネエビシリーズで色んな魚』

みなさんこんにちは
今回レポートするのはハネエビを使っての釣りです。ハネエビはハネエビヘッドのウエイトのバリエーション、そしてハネエビだけでなく違うワームを組み合わせると色んな魚を狙えます。

メバルゲームもシーズンオフ気味になりましたので、新たなターゲットを探しに行ってきました。
まず前から気になっていたポイントでのカサゴを狙いに行ってきました。

場所は小さな漁港。堤防の周辺の敷石の上をハネエビで狙います。

ロッド 碧ハネエビ PE0.1+フロロ5lbにハネエビヘッド2g

小刻みにダートを入れ、一瞬止める。
コッと、メバル‥。

そして、敷石の上をコンと当てながら動かしていると、やっと本命のカサゴ

ハネエビは、狙う層を変えると色んな魚が狙える、もちろんサーチするためにも使えます。

狙い通りのカサゴを楽しんできました。

そして、数日後にかねてより釣りたかったショアからのマダイゲームに行ってきました。

ポイントはどこにでもある、サーフとボトムに程よくゴロゴロと石があるような所。

今度は、碧entohにPE0.5+フロロ8lbでハネエビは太軸金鈎の5gにジャコバグで狙いました。

海太郎スタッフ 和田さんが紹介されている釣り方ですね。

ボトムを感じながらズルズルと引き、そして少しポーズ。
ココッと、魚からの反応!でしたが、離されてしまいました、、
フックには噛まれた痕跡‥

フックは曲がり、ヘッドも噛まれた跡がクッキリ。太軸も曲がっています。
噛む力の凄さがわかりますね、、

この後は、なかなか魚からの反応が途絶えていたのですが、潮止まり前の一瞬に反応が。

うまくフッキングも決まり寄せてランディング成功!

綺麗なマダイでした

良いところにフッキング。

潮止まり前ギリギリに喰ってくれた魚に感謝です。
ハネエビは色々な使い方があり、ハネエビヘッドのウエイトのバリエーション、そしてハネエビだけでなく違うワームを組み合わせると、いろいろな魚と出会う事が出来ますので、みなさんも色々と試してみて下さいね。

プロフィール

名前
田埜 博之
自己紹介
愛媛県でバス&ソルトゲームをやっています。愛媛はバス、ソルトゲーム共に良いフィールドが多いので、海は季節の旬の魚を追い求めフィールドに向かい楽しんでいます。
メインフィールド
愛媛県中予、南予が中心
得意な釣り
陸からのライトゲーム(たまにオフショア)エギング、ショアジギングなど。