11月15日『シーズン開幕直前のメバル調査』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 森 崇行 > 11月15日『シーズン開幕直前のメバル調査』

釣行日:11月15日

シーズン開幕直前のメバル調査に行ってきました。

今回の釣行は、三重県鳥羽エリア。

メバルの魚影が濃く、メバル釣りのポイントも多いエリアで、シーズン中は休日に限らず多くの釣り人で賑わうエリアです。

釣行当日の本命はメバル。

しかしこの時期の鳥羽エリアと言えば、アジ釣りもまだまだ楽しむ事が出来るのでライトソルトゲームで人気のあるターゲットのどちらが釣れるかわからないと言う楽しみもあります。

午後6時。

辺りがすっかり暗くなり、常夜灯の灯りによる明暗がハッキリとわかるようになってから釣りを開始。

ロッドは、海太郎・碧LV。
2000番クラスのリールにメインラインPE0.15号でフロロカーボンリーダー1号を矢引ほど結束。
リグはシンプルにレベリングヘッドにシルキーシャッドをセットしたジグヘッド単体。

まずは常夜灯周りから。

表層付近には、目視で小型のメバルやフグの姿を確認でき、沖の潮目付近ではシーバスと思われるボイルも出ていました。

明暗の境より沖にキャストして、足元までキッチリとリトリーブして魚からの反応を見ていると、着水して間もない常夜灯の灯りの届いていないところでショートバイトが頻発。

レベリングヘッドの重さを0.25gだけ重くして、同じリズムで釣りを続けると、

コツッ!

と言うハッキリとしたバイトがあり、ヒットしたのはアジ。

ショートバイトの正体はアジでした。

レベリングヘッドを重くするのが正解か、軽くするのが正解か。
毎回悩みますが、そこもライトソルトゲームの面白いところでもあります。

アジを数尾キャッチしたところで、ようやく本命のメバルがヒット。

立ち位置を変えずに周辺を扇状に探って行くと、飽きない程度にメバルが釣れ続き、この時期らしい18センチ前後のメバルの数釣りを楽しむ事が出来ました。

当日のアクションは、メバル釣りの基本アクションとなる一定のレンジを一定のスピードでトレースしてくるただ巻きが有効でした。

スパテラ2インチとシルキーシャッドそれぞれを同じ重さのレベリングヘッドにセットして、メバルからの反応の違いを比べたところ、シルキーシャッドへの反応が良く、ジグヘッドの重さを替えて、ミドルレンジからボトム付近をゆっくりとトレースさせる事で、数釣りも楽しむも事が出来ました。

アクションの変り目、地形変化の変り目、さまざまな要素の変化点でバイトが出る事の多い釣行となりました。

これから年末にかけては、ハネエビを使ったマイクロワインドゲームも楽しくなります。

シーズンを通して数釣りを楽しむもよし、良型狙いに絞って楽しむもよし。
海太郎アイテムを持って、手軽なメバル釣りへお出かけ下さい。

海太郎アイテムでの釣果情報など、釣行中や釣行直後の新鮮な情報をSNSで不定期発信しています。
フィールドレポートと合わせ、三重釣行の際にお役立て頂ければ幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

森 崇行

プロフィール

名前
森 崇行
居住地
三重県
出身地
三重県
自己紹介
アジング・メバリグなど、岸釣りで手軽に遊べるライトソルトゲーム全般が好きで、季節ごとの旬な釣りものを求め、暇さえあれば釣り場に足を運んでいます。"せこ釣り"のバス釣りも好きです。
メインフィールド
三重県(鳥羽~南伊勢エリア)
得意な釣り
アジング・メバリグなど、岸釣りで手軽に遊べるライトソルトゲーム全般。"せこ釣り"のバス釣り。
フェイスブック
https://www.facebook.com/takayuki.mori.336