『シャローエリアのメバル』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 田埜 博之 > 『シャローエリアのメバル』

みなさんこんにちは
もうだいぶ気温も上がってきて春を感じられるようになってきましたね。春という事で、春告魚メバルを狙ってきました。
ポイントは瀬戸内海。瀬戸内海は基本遠浅な地形なので、潮位を見ながらの釣行計画が必須となります。
今回の釣行は干潮からの満ち潮狙い。時間は夜明け前のタイミングからスタート。マズメを狙います。

タックルは碧entohにPE0.4号+リーダーフロロ6lbに村上式天秤改造版フロートリグ

とはいえ村上式天秤にシンカーではなく、フロートを付け変えるだけです。フロートは市販のものを使っても良いのですが、私は自作のフロートです。自作フロートはスーパーボールに取り付け金具(ホームセンターなどで売っている)を瞬間接着剤で固めています。このフロートは以前、村上さんから教えて頂きました。

こんな感じ。
フロートのウエイトは大体、10gくらいです。

ウィードとシモリの近くをゆっくりと引いていくと、ひったくるようなバイト。

レベリングヘッド金針0.3gにシルキーシャッド チャートレインボー
良いサイズ23㎝くらいのブルーバック。

また同じような所をトレースすると

少し辺りが薄明るくなるとサイズがダウン

ちっちゃな魚ですが反応が良いですね!

朝マズメの一瞬に喰いがたち、時々ライズも起こるのですが、時合いが短いのでその一瞬にいかに釣れるかが勝負となります。また、シャローエリアのため、遠投が出来るとかなり有利となるので、碧entohはフロートリグの釣りにも適していると思いますので、みなさんもチャレンジしてみて下さい。

プロフィール

名前
田埜 博之
自己紹介
愛媛県でバス&ソルトゲームをやっています。愛媛はバス、ソルトゲーム共に良いフィールドが多いので、海は季節の旬の魚を追い求めフィールドに向かい楽しんでいます。
メインフィールド
愛媛県中予、南予が中心
得意な釣り
陸からのライトゲーム(たまにオフショア)エギング、ショアジギングなど。