5月24日『しまなみメバル終盤戦‼️ (レベリングヘッド太軸金針について、、、)』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 和田 広輝 > 5月24日『しまなみメバル終盤戦‼️ (レベリングヘッド太軸金針について、、、)』

5月24日『しまなみメバル終盤戦‼️ (レベリングヘッド太軸金針について、、、)』

和田広輝の最新記事

和田広輝の記事一覧を見る

釣行日:5月24日

みなさんこんにちは。
いよいよ水温も高まりメバルも深場へ移動するので食いが渋くなってきておられませんか??
決して釣れない訳ではないのですが、ピークは過ぎたかのように感じられます。
そのメバルも終盤戦ではございますが、若干の方々が疑問に思っておられることを耳にしましたので、私なりに解説させていただきたいと思います。

それはレベリングヘッド太軸金針。


名の通り、初期のレベリングヘッドと違い太く懐が深くなっており、魚に対して何かと集魚性があるであろうことから金針を使用しております。
サビキ等でも使われる金針なので、アジやマダイには使えますが、、、
夜目が効くメバルには無理なんちゃうの??と、言う疑問をお聞きしました。
使用する方により意見は十人十色かと思いますが、敬遠されがちのようです。

なので目の前で実釣しました。(笑)
まず、自分が立っているフィールドポイントを利用します。
常夜灯があるならば常夜灯の下、つまり灯りを背中にして釣りをする。
灯りめがけてトレースするので上を見ているメバルにとってはルアーのシルエットがナチュラルに見えてると思うので違和感無く口を使う。


逆に暗闇ポイントでも気にせず金針を使用。
黒いものには黒でしょうが、輝きある金は若干、白いように見えているかと思います。 魚の眼になったことはないので断定出来ませんけどね(笑)



結果的に違和感無く口を使ってくれるんで金針を気にしなくていいでしょ?と、証明出来ました(笑)

金は魚の餌成り?
魚に違和感を与える前に、、、
釣りをされるアングラーさんの違和感を無くしましょう(笑)

プロフィール

名前
和田 広輝
居住地
愛媛県今治市在住
出身地
大阪府高槻市
自己紹介
魚の為なら何処へでも駆け巡るマルチアングラー
メインフィールド
日本海(丹後エリア、若狭エリア)淡路島エリア、しまなみエリア
得意な釣り
ライトゲーム全般