『しまなみショアマダイ‼️』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 和田 広輝 > 『しまなみショアマダイ‼️』

みなさんこんにちは。ほぼ毎日釣りに行ってる釣り馬鹿でございます(笑)
ようやくシーズンインとなりました陸っぱりから狙うマダイ。
桜が咲いたらマダイが釣れると漁師は詩いますが、今年は水温の上昇が遅かったせいか、桜が枯れても釣れ行きは悪かったです。
元々はチヌを狙うのにチニングスタイルでサーチした結果、やたらとマダイが釣れる事から追求しました。
まず、生態として産卵前の荒喰いシーズン。チヌと共存している。どちらもノッコミと言うものがありますが、チヌの方がマダイよりも早く産卵期を迎えます。
して、だいたいの魚は満月大潮で産卵を意識する。チヌが産卵行動を起こす時は口を使わないので、アタるものはほぼマダイと言っても過言ではないでしょう。

ポイントとしてどこをエントリーすれば良いのか?
サーフエリア、ゴロタサーフ。
水深が深い浅いは気にしなくても構いません。50㎝程のシャロー帯でも餌を探しに上がってきます。その餌は甲殻類。周りにイワガニ等が豊富であれば、それを求めてひたすら探している状態。
マッチングしてれば果敢にアタックしてきます。

ボトムゲームなので軽く跳ね上げたり、ズル引きでボトムノックを意識すれば音に反応します。時折、ステイで止めた時にアタる事が多々ありますが、即アワセは厳禁(笑)
見てのとおり、マダイやチヌの口はフッキングポイントのキャパが狭いので反転するか、ロッドがお辞儀をしてから遅アワセしないと掛かりません。

歯に掛かったり、掛かりが浅いと、、

伸されてしまいます(苦笑)

マダイも産卵を終えると、次はイワシ等をベイトを追いかけるようになります。
なので産卵前の荒喰い、甲殻類を狙ってシャローラインに上がってくるマダイを陸っぱりから打てるショアマダイ。豪快なファイトが味わえるのでヤミツキになりまっせ(笑)

ロッド iseei海太郎 碧 遠投 78L
リール 15イグジスト2003H
ライン PE0.4号 リーダー 8lb
ルアー iseei海太郎
ハネエビヘッド太軸金針 5g
ジャコバグ2.6インチ 各色

プロフィール

名前
和田 広輝
居住地
愛媛県今治市在住
出身地
大阪府高槻市
自己紹介
魚の為なら何処へでも駆け巡るマルチアングラー
メインフィールド
日本海(丹後エリア、若狭エリア)淡路島エリア、しまなみエリア
得意な釣り
ライトゲーム全般