『初場所でカマスゲーム』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 森 崇行 > 『初場所でカマスゲーム』

釣行日:1月21日

今回の釣行レポートは、漁港などで手軽に楽しむ事の出来るカマス釣りをレポートします。

この気節、朝夕のマズメ時に多くの釣り人が思い思いの釣り方でカマス釣りをされているのを目にします。

釣行当日、夕方岸寄りに回遊してくるカマスを狙ってポイントへと向かいました。
16時から18時までの1~2時間がチャンスタイムと想定しての釣行としました。

15時30分、ポイントに到着。
アジが釣れているらしくサビキ釣りの釣り人で賑わっていました。

初めて訪れるポイントと言う事もあり、常連さんらしき釣り人と挨拶を交わして近況を聞くと、、、

「今日は、良いわ!ここ最近で一番や!」

そう言いながら開かれたクーラーボックスを覗きこむと、
21リットルクーラーに18センチほどのアジがびっしり!!

「兄ちゃんルアーか?今日は、カマスがおらんでアジがよく釣れるぞ」
(釣り人個人の考えです。笑)

え!?

「わし、もうじき帰るでここでやったらいいわ」

その、居ないと言うカマスを釣りに来たんですが。笑

アジを釣りたい気持ちを抑え、会話もそこそこにカマス釣りのタックルを準備して釣り開始。

サビキ釣りの設定棚を見ていると、3~4ヒロ程でアジが釣れている様子。
足元から沖にかけて平均的に水深が有りそうなポイントです。
岸際から5mまでのところにウキがたくさん浮いている事から、比較的手前にアジ釣りの撒餌が流れている事が想定できます。

当日の本命はカマス。

撒餌の影響が無いと思われる沖の潮目付近を狙い、まずは遠投の出来るネコメタル10gを選択。

着水後、水深の確認の意味も含めてボトムまで沈め、数回シャクリ上げてフォール、数回シャクリ上げてフォールを繰り返すも、カマスからの反応は無し。

次に、ネコスピンに付け替えて反応をみます。

今度も沖の潮目を狙ってキャストし、着水後にすぐにリトリーブを開始。

リトリーブスピードやレンジを微調整してカマスからの反応を探って行くと、ボトム付近をリトリーブ中に待望のヒット!

慎重にやり取りしながら引き寄せ、無事にキャッチできたのは23センチほどのアジ。

本命では無いものの、デイゲームの漁港では嬉しいゲスト。

再度同じコースのボトム付近をリトリーブしてくると、当たりが出るもののヒットには至らず、早巻きやストップ&ゴーなどのアクションを試して行くと、30センチほどのカマスがヒット!

群れで回遊してくる事の多いカマス。
パターンにハマると連発する事もよくありますが、数尾追加したところで他の釣り方を試したくなり、ワームでの釣りに変更。

以前から試してみたかった、海太郎スーパースティック×ジグヘッドでのカマス釣り。

今回使用したジグヘッドは、レベリングヘッドではなく根魚玉5g。

想定の残り時間は30分。

ネコスピンと同様に、キャスト後ボトム付近をトレース。

フォール時の自発アクションを利用したかったので、リフト幅を広くとってフォール時間を少しでも長く取れるようにアクションさせ、カマスからの反応を探って行くとすぐにヒット。

当たりも多く、イメージ通りの釣りを楽しむ事ができたとことろで納竿としました。

手軽に短時間で数釣りを楽しむ事もできるとあって、シーズン中はたくさんの釣り人で賑わう漁港もある人気ターゲットのカマス。

ネコメタルやネコスピンはもちろん、ワームでの釣りも楽しむ事の出来るカマスゲーム。
村上さんが動画で紹介されているカマスの釣り方を参考に、是非、挑戦してみてください。

海太郎アイテムでの釣果情報など、釣行中や釣行直後の新鮮な情報をSNSで不定期発信しています。
フィールドレポートと合わせ、三重釣行の際にお役立て頂ければ幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

森 崇行

プロフィール

名前
森 崇行
居住地
三重県
出身地
三重県
自己紹介
アジング・メバリグなど、岸釣りで手軽に遊べるライトソルトゲーム全般が好きで、季節ごとの旬な釣りものを求め、暇さえあれば釣り場に足を運んでいます。"せこ釣り"のバス釣りも好きです。
メインフィールド
三重県(鳥羽~南伊勢エリア)
得意な釣り
アジング・メバリグなど、岸釣りで手軽に遊べるライトソルトゲーム全般。"せこ釣り"のバス釣り。
フェイスブック
https://www.facebook.com/takayuki.mori.336