1月20日「三重県南伊勢エリア、ウルトラライトロックフィッシュゲーム(ガシラゲーム)」 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 海太郎フィールドスタッフ > 森 崇行 > 1月20日「三重県南伊勢エリア、ウルトラライトロックフィッシュゲーム(ガシラゲーム)」

1月20日「三重県南伊勢エリア、ウルトラライトロックフィッシュゲーム(ガシラゲーム)」

森崇行の最新記事

森崇行の記事一覧を見る

釣行日:1月20日

今回のフィールドレポートは、お手軽ガシラゲーム(基本編)を紹介させて頂きます。

三重県南伊勢エリア、ガシラゲームの近況は、短時間の釣行で数もサイズも手軽に楽しめる状況となっています。


ガシラ(カサゴ)と言えば、ボトムや穴釣りなど、根掛かりの多いポイントでの釣りのイメージも先行するため、苦手意識が強い方もみえるのではないでしょうか?

まさに僕ですが。

根掛かりを警戒し過ぎて、つい早目に連続アクションをつけてリグを浮かせてしまったり、ついついリーリングスピードが早くなってしまったりする事で、ガシラが潜んでいるであろうボトム付近などをトレース出来ず、せっかく良いポイントに入っても釣果につなげる事が出来ず諦めてしまっている事も。

ガシラは、1年を通して楽しむ事の出来るターゲットだそうですが、ターゲットとなる魚種の少ない厳寒期にも果敢にルアーに反応してくれたり、三重県南伊勢エリアで言うと、年末頃から産卵期に入ったガシラがたくさん接岸し、数釣りも楽しみやすくなるため、冬のソルトゲームでの人気ターゲットとなっています。

メバルやアジを狙っていて、レベリングヘッドのジグ単にガシラがヒットすると言う経験、有りませんか?

時には、ただ巻きなどの中層スイミングでガシラがヒットする事もありますが、基本アクションは、ズル引きやボトムバンピング、シェイクやステイ(放置)などなど。
水深や潮流に合わせてシンカーやジグヘッドの重さを選択し、きっちりボトムを感じながら、それらのアクションを混ぜ合わせてゲームを展開して行くと釣果につながります。

ここで言うボトムの定義は、「ボトム=海底」「岸壁=ボトム」です。
要するに、縦横関係なくガシラ目線で何かしらの「底(ボトム)」が有れば、ガシラが潜んでいる可能性があると言うイメージです。

また、潮流などの影響により、リグが流され、ボトムをコロコロと転がってしまう場合など、岩や貝殻などの隙間にリグやラインが挟まってしまい根掛かりが頻発するなんて事もあるので、シンカーの重さやキャスト・トレースコースなどに多少の工夫が必要となります。
テトラや敷石の穴を狙って釣りを展開する場合でも、引き波により思わぬ方向へリグが吸い込まれ根掛かりしてしまうと言う事もよくあるので、注意や工夫が必要です。

根掛かり対策も含め、一番手軽な狙い方は、「真っ直ぐ下に落とす」です。

足元の岸際に思わぬ大物が潜んでいる事も珍しい事では有りません。
先にも書きましたが、ガシラ目線で「底」となる岸壁と海底のどちらも存在する好ポイントですね。

また、どの対象魚でも鍵となる「ベイト(餌)」の存在は、ガシラゲームにおいても釣果に直結する重要な鍵となります。

岸壁についた貝殻や海藻、海底の敷石や堤防のスリットなどは、エビやカニ、小魚と言ったベイトが集まりやすいため、ガシラにとっても格好の漁場となっている様です。

今回、メインで使用したワームはジャコバグ2.6インチ
ジグヘッドは、レベリングヘッドの1.5gや1.75g、ハネエビヘッドの2g・3g
そして根魚玉
今回は、同じタックルで色々な釣り方が出来るよう、根魚玉の5gを使用し、ジャコバグのサイズに合わせて、根魚玉のフックサイズをあらかじめ交換しておきました。

今回は、釣行時間の都合によりナイトゲームとなりましたが、より手軽で安全なデイゲームでも実績があるので、まずは地形変化やストラクチャーの位置などを把握しやすいデイ・ガシラゲームから始めてみるのもオススメです。

昨年末、大阪府堺市のチャーター船シーマジカルさん協力の元、大阪港で開催された「海太郎で釣ったろう会」に参加させてもらい、岸釣りとは違ったアプローチでのボートゲームに初挑戦したのをきっかけに、ガシラゲームの魅力にハマりました。
詳細は、フィールドスタッフいそのくんのレポートをご覧ください。

ボートゲームでも、手軽な岸釣りでも、issei海太郎アイテムで寒い冬でも手軽に楽しめるガシラゲーム。
是非、お試し下さい。

2017年も、issei海太郎アイテムでの釣果情報など、釣行中や釣行直後の新鮮な情報をSNSでも不定期発信して行きます。
海太郎フィールドレポートと合わせ、三重釣行の際にお役立て頂ければ幸いです。

今年もよろしくお願いします。

森 崇行

プロフィール

名前
森 崇行
居住地
三重県
出身地
三重県
自己紹介
アジング・メバリグなど、岸釣りで手軽に遊べるライトソルトゲーム全般が好きで、季節ごとの旬な釣りものを求め、暇さえあれば釣り場に足を運んでいます。"せこ釣り"のバス釣りも好きです。
メインフィールド
三重県(鳥羽~南伊勢エリア)
得意な釣り
アジング・メバリグなど、岸釣りで手軽に遊べるライトソルトゲーム全般。"せこ釣り"のバス釣り。
フェイスブック
https://www.facebook.com/takayuki.mori.336