湯浅 勲様 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 湯浅 勲様

湯浅 勲様

私はピンクロスティックを特にこのリグで使うワームと決めて使っておりません。
フワ釣り用ワームとして製作されているのでジグヘッドは勿論、テキサス、キャロ、ラバージグのトレーラーとしても効果的です。

今まで使っていたスティックベイトよりボリュームがあるので7gテキサスで使っても違和感なく使えます、クローワームよりはボリュームが小さくなるのでアタリも多いです。

実際今年の夏~秋はピンクロテキサスで結構釣りました♪
ベイトタックルでフィネスまでいかないけどアタリが欲しい時に大活躍しました。飛距離も出ます!

ピンの部分がウィードから見え隠れする感じが騙しやすかったのだと思ってます。
すごく反応がいいんですこの触覚(ピンテール)が!!!

村上さんがよくクローワームのハサミの部分を切って使ってましたがこのワームを使って”そーいうことか!!”と納得でした!!

表裏で違うカラーのもの、特にグリパン/チャート、活きエビは翻った時のリアクションバイトが多いです。
ラバージグで使う場合は裏側のカラーとラバーのカラーを合わせるとより効果があるのではないかと思います。

これから冬~春はおとなしめなカラーとリアクション系のカラーでローテーションすると良い釣果が得られるのではないでしょうか?私もグリパンチャーとスカッパノンを追加で購入しようと思います(笑)

湯浅 勲