現地調査に行ってきました。 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 現地調査に行ってきました。

現地調査に行ってきました。

モニターの山崎貴宏様より、釣行記をいただきました。

日時:2014/11/02

場所:琵琶湖

魚種:ブラックバス

≪コメント≫

琵琶湖ローカル大会が来週末に控えている為、現地調査に行ってきました。

場所は、琵琶湖大浦…ピンと来ない方もいるかも知れませんが、琵琶湖最北端になります。

通常、この時期から北方面に行くと、水温が下がり魚も釣り辛いと言うイメージがありますが、琵琶湖は違います。北湖の方が水温が高く安定しております。

そんなわけで、最北端大浦へ…

朝一から弁天様の祀っている竹生島へボートを走らせると、島の周囲には氷魚が群れをなして回遊しているのが目視できました。雰囲気は非常にいいのですが、島周りの平均水位は10m、そこから数m離れると一気に30m~70mまで落ちる水中の絶壁。

まずはアラバマ投入…簡単に釣れた(笑)、でも小さい(汗)

続いて、ビビビバグのダウンショットで10mのボトムを探ると…

36cmサイズアップ!

北湖のバスは、南湖のバスに比べて「+10cm」クラスの引きを楽しめます。

このサイズでも普通にドラグでます!

更なるサイズアップを目指してポイント移動、ウィードとブレイクが良い感じのエリアを発見。

ボートを流しながらビビビバグのダウンショットで根気よく探っていると、出ました!

48cm!!

ベイトフィネスを使っていてもドラグ出ましたwww

流行りの「マグナムスプーン」も投入しましたが、沈黙でした…

この日は、氷魚の群れを意識しながらポイント移動を繰り返し、色々なリグを投入した結果、やはりダウンショットが一番反応が良い事がわかりました。

今の琵琶湖は確かに厳しいですが、今回50匹を超える釣果を上げる事が出来、充実したプラでした。