bibibi蟲、、、“”沈蟲“” | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > bibibi蟲、、、“”沈蟲“”

bibibi蟲、、、“”沈蟲“”

“”bibibi蟲“”皆さんはもう使われましたか?

このワーム、、通常水面に浮かせて使うのですが、実は開発時点から、沈めて使うことを意識していました。 

3対の脚と尾毛の向きが違うのはそのためです。

水平、前傾、バックスライドと、沈む姿勢が変わっても、いずれかのパーツが水流で振動します。

今回はそのセッティングを紹介します。


まず、ネイルシンカー、ガンダマ錘など
を使います。

ガンダマの場合、穴から押し込むだけす。

ただ、これだけではキャスト時に飛んでいってしまうので、ペンカッターとライターを使って穴をふさぎます。

ただ、このときにすべてをふさがず、前方端を少し開けて、空気や水が入るようにしておくと窪んだままになりません。


これで終了。

次に、少しめんどくさいですが、完成度の高さと、水中姿勢のよさから、こちらをおすすめします。

まず、使い古したワームのちょうど良い太さのところでカットし、ネイルシンカーを差し込みます。


そしてそれを穴から入れて封をして完成。