『野池でスパテン』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『野池でスパテン』

『野池でスパテン』

四国の特派員(?)ブキオ君からの朝練報告です!!
(仕事行ってる!?…よね…)

最近ライトリグメインで釣りをしていたので、今日は久しぶりにヘビーロッドを曲げに行ってきました。
フィールドは野池。ウィードが全体に広がっており、池の隅にあるインレットは雨の影響でかなり激しく流れ出ています。

このインレットを探りたくって来たのですが、
寝坊したせいで2名の先行者さんが居ました。
なので、ウィードの壁と護岸が交わる部分を中心に探ることに。

ルアーはスパテンのテキサス。
これをウィードに絡めて、落としていきます。
しかし、歩きながらしばらく続けますが、ノーバイト。
インレットの印象が強烈過ぎるせいか、なかなか釣れる気がしない(笑)

30分後、階段と取水パイプのポイントに到達。
その取水パイプとウィードが交わるであろう場所に、スパテンのテキサスをキャスト。
ボトムまで沈め、取水パイプに軽く引っ掛け、越えないようにモソモソアクション。
小さくロッドを動かしてはポーズ、動かしてはポーズを繰り返していると、クンッ!
と生命体からの反応!
しっかり送って、フッキング成功!!

上がってきたのはーーーーー

10インチクラスのバス、、、

このサイズで良くスパテンに挑んだな(笑)

とりあえず釣れたので、もう1本ある取水パイプも攻めると、、、

釣れるけど、またこのサイズ(泣)

けっこう時間を使ったけど、この2匹のみ。
仕方なくプチ移動し、別な野池へ。
しかし、久しぶりに行った野池はフル満水で何かパッとせず、、、
もうこれは「終了して仕事に行け」と言ってるのか、、、
でも何かモヤモヤしていたので、また最初の池へ。

するとあのインレットが無人に!
ここだけやって帰ろう!

まずはスパテンのテキサスをダイレクトにインレットの中へ、、、

当たらず。

何度かキャストするも当たらず。
軽めのシンカーだから流れに乗っちゃってるのがあんまりなのかも、、、
と言うことでシンカーを少し重くして流れの下を釣ることに。

流心に入れ、そのままボトムを引きずる、、、

・・・ノーバイト。

とふと流れの先を見るとバスがふらついてる!
アイツこっち見ろこっち見ろこっち見ろぉぉぉぉっ!!
ピッピッとスパテンを動かすと、グッと近くまで来たっ!!

ジッーと見つめられる中、ピッと動かすとバグーーーーッ!!!!!
しっかり口に食わえているのを確認してフッキング!!

まずまずの良型スパテンフィッシューーーーーー♪
10インチのロングワームは大場所で使うイメージがありますが、
野池バスにも効きます!
この1本のおかげで気持ち良く出社することができました。

以上、ブキオ君の朝練の模様をお届けしました!!
ブログ内では仲間内での〝熱き〟オカッパリトーナメントの模様も掲載されています。
よろいければご一読下さい。

さかなつりdiary