初めての野池で数釣り | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 初めての野池で数釣り

初めての野池で数釣り

愛媛県のブキオ様より、釣行紀をいただきました。さてさて新規フィールドー開拓の結果は…..成功??(^^)


今回は新規フィールド開拓!

よく通うリザーバーが濁りや増水で釣りにならないず、せっかく1時間かけて行ったのにまた移動!ってのがまぁまぁありまし て。

そんなセンチメンタルな気分を解消するために、そのリザーバー周辺で釣れる野池を探す!というアイデアが浮かびました。

Googleストリートビューを見ながら、妄想(めっちゃ釣ってる)をし、今日その野池に行けました。

野池は手付かずな野池って感じで、水質クリア、半分以上ブッシュに囲まれてて釣りができる場所が限られています。

美味しそうなウィード、何か生命体がモジッてるし、釣れる気ムンムン♪

ウィード周辺を釣るプランで、メインルアーはビビビ蟲とパラグラブのテールカット。

普段ならPEラインにリーダー1.5mくらい取りますが、今日はどちらも水面で使うのでリーダーは30センチぐらい。

まずはパラグラブテールカットをセット。

アクションは水面ピクピク。

動かし続けて、テンポ良くやる気のあるやつを探します。

しかしウィードと岸の隙間、ウィードの上などを舐めるようにトレースしましたが、ノーバイト。

ポーズを入れないと食わないのか、とビビビ蟲オフセットフック使用にチェンジ。

ウィードマットの端にキャストして、波紋が消えるまでポーズ。
1回ポップさせ、またポーズ。

……ジュボ…

お!?

静かなバイト。

ロッドに重みが伝わるまで、フッキングは待ちます。

ブルーギルも虫が大好きなので、ギルバイトで合わせを入れとワームがズレたり足が食われますし。

ギルが離した後のバイトも期待できます。

ロッドに重みが伝わってからのフッキングでも全然遅くはありません。

このバイトにプルプル感はなく、これは~

バス♪

かわいいサイズですが、初場所の魚なんで嬉しいです♪

お次はウィードマットのポケットを狙います。

ポケットに入れ、細かくビビビシェイク。

ジャバッ!!

アグレッシブバイトッ!!

ウィードに潜られても普通に上がってきた30前後。

場所を荒らしたので、オープンエリアに狙いをチェンジ。

こちらでもアクション→ポーズを繰り返すと、、、

かわいいッ!!!

少しでもサイズの良い魚はウィードの中やカバーの中に居るみたいで、時間いっぱいこのサイズと遊びました。

デカイ魚とは出会えませんでしたが、新規開拓はひとまず成功。

次回はタックルを整えて、この野池に挑みたいです。