『タイラバにもバルキースパテラ』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『タイラバにもバルキースパテラ』

『タイラバにもバルキースパテラ』

2018年度海太郎フィールドモニターの“ハルキさん”よりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。

週末,天候(特に風)に恵まれた場合、カヤックフィッシングするのが楽しみの一つなのですが、
今シーズンはなにかと荒れることが多く、なかなか出せずにいました…。

この日は久々のカヤック日和!!

朝から張り切って行って来ました!

この日は朝一は青物をトップで狙い、その後ベイトの反応を見ながらエギングでアオリイカ。
日中はタイラバゲームの予定。

カヤックフィッシング。
当然安全対策は充分にしないといけないですが、一般的な遊漁船の釣りや陸っぱりとはまた違った臨場感があり、すっかり魅了されてます。

まずは朝一のトップゲームで幸先良く青物を捕りたかったのですが、この日はなぜかいつも接岸しているはずのベイトの群れがなく、魚探もほぼ無反応…。
(後で分かったのですが、かなりのイルカの群れが入ってきており、魚は散ってしまってました..)

沈み瀬周り等をプラグ等でサーチするもやはり反応無しでしたので、トップゲームは見切りをつけてエギングにチェンジしました。

途中、イルカの群れを何度も見かけ、半ば絶望しながらも(^_^;)

ブレイクに潜んでいたアオリイカをいくらか釣ってお土産を確保したところで、タイラバゲームのため若干水深のある沖へ向かいました。

今回はベイト付きの魚を狙うのは無理そうなので、魚探を頼りにブレイク、ボトムのちょっとした変化のある所を中心にタイラバを投下。

タイラバは基本巻くだけなので、楽!

時にはひたすら漕ぐ事が多くなりがちなカヤックフィッシングにとって、腕を休めることが出来る釣りなので、私には欠かせないのですが、
このタイラバゲーム、ベイトによってはちょっとした事で釣果が変わってきます。

地域によるのかもしれませんが、
北部九州のフィールドに至っては、ベイトフィッシュがイワシ、小イカの時はフィッシュイーターが「お祭り状態」で特にほぼルアーに関係なく、タイラバのみで爆釣することもしばしばですが、ベイトが極端に少ない時、シラウオ等の極小ベイトの場合、タイラバには見向きもしない事が多々あります。

今回もそうでしたが、そんな時にはトレーラーにスパテラを付けてあげるだけで、

アコウ(キジハタ)
高反応でした。

特にカヤックフィッシングでは、船が流されやすい特性上、ルアーチェンジのタイムロスが釣果に大きく影響するので、一般的な遊動式タイラバを使用する際は、玉・ネクタイを変更するより先に、トレーラーの着脱・カラーの変更をするようにしてます。

今回は主に水深30~40mラインで、タイラバ56g にはトレーラーでバルキースパテラ2,8g#003クリアシルバーフレーク使用がサイズ・カラー共に一番魚の反応が良かったです。

タイラバ釣行にもスパテラは欠かせませんね!

今回はイルカという想定外の悪条件もあって、狙っていた大鯛は捕獲なりませんでしたが、さすがはアジング、メバリングでもボウズ知らずのスパテラと言ったところでしょうか。


メイチダイ?

たまにスパテラのテイルをかじられちゃいますが、この日、ちょこちょこテンポよく釣れました。

エソ、フグなんかも…

良型アコウもゲットです。

この日は残念ながら真鯛はこのギリギリ刺身にできるサイズ1匹のみでしたが、渋い状況下でもなんとかやりきれました。

スパテラに助けられた感じですね~。
タイラバ釣行でどうにも食いが悪いとき、玉・ネクタイのカラー等のチェンジもそうですが、まずはトレーラーにささっとスパテラをつけてみてください。

きっと何かが釣れるはず!