『レべリングヘッド+スパテラで色々釣れてます!』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > 新着情報 > 海太郎モニター > 『レべリングヘッド+スパテラで色々釣れてます!』

『レべリングヘッド+スパテラで色々釣れてます!』

2018年度海太郎フィールドモニターの“ハルキさん”よりレポートをいただきましたのでご紹介いたします。
10月21日(日)中潮 満潮20:23
今回もアジング用ライトタックルを片手にジグ単でホームのテトラが絡むエリアへ行ってき
ましたのでレポート致します。
日も沈み完全に辺りが完全に暗くなった19:00頃からスタート。
今回は友人と2人で釣行です。
常夜灯周りでアジを狙うのもありだったのですが、
この日はかなりのエサ釣りの方たちが流しながら釣りをされてたので、そこは諦め
とりあえずいつも通り、光量は少ないエリアですが、
レべリングヘッド1.0g+スパテラ2.5in.でランガンすることに。


今回リリースサイズが多めでしたが、メバルは順調に釣れました。
ただ、普段より魚に勢いはない感じで、かなりスローに目の前を通せば食ってくれる感じ。
同行の友人は始め他のジグヘッド1.0g程度を使用してたのですが、
「たまにアタるけど、のらない!」
と言ってました。
レべリングヘッド+スパテラに替えてもらったら、魚をキャッチできる確率が上がっていた
ようです。
やはりスローでもしっかり水平姿勢を保てるレべリングヘッド、しっかりと動くスパテラの
組み合わせは強いな!と改めて思いました。
アジのほうは
回遊狙いですので、


通過時にバタバタと釣れました。
レべリングヘッド1.0g
スパテラ2.5in.シラスレインボー
サイズも20-22cmと
小倉の街中から、車ですぐのエリアとしては、十分なサイズが手軽に釣れる時期になってき
ましたね!
アジのお土産はある程度確保出来ましたので、


バルキースパテラ2.8in.#002クリアレッドフレークに変更
サイズアップ(違う魚)を狙う。
底を中心にスローにリフトフォールや、ただ巻すると
ヒット!
良型のアラカブ(カサゴ)の様な引きだが、それとは違い、簡単に上がってこない
フロロ3ポンドのラインなので慎重に
7、8回いなして、ようやくネットインできたのは


キビレでした!
ネットイン後写真撮影時にフックが外れてしまいましたが、
レべリングヘッドのフック、持ちこたえてくれましたね。
シーバス用のネットなので、サイズ感がちょっとわかりにくいですが、
キビレにしては十分なサイズではないでしょうか!?
北九州周辺エリアでは、チヌやキビレも多く生息するのですが、所謂チニントップゲームで出せるようなフィールドが私が知る限りではあまりなく、意外とルアーで釣るのは難しい魚のイメージでしたが、
これからはターゲットの1つに出来そうです!


レべリングヘッド+スパテラの使用。
2時間程度の釣行でメバル、アジを中心に思いがけない魚も追加で、
今回も安定して釣果をあげることができました。
そろそろアジもサイズアップが狙える季節に突入ですね!
これからが楽しみです。